LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術 下顎枝矢状分割法(SSRO) 弛み フェイスリフト 体験談

「私は、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術をしてから5年が経つけど、食べたり、噛んだりする時に、中央の骨にかなりの激痛が走るのが2年以上あった。現在でも、喋ったりすると、頬骨がジンジンと痛む。デカい頭だから、多少小顔になったものの、顔のバランスが、メチャメチャ悪くなった。あと、人中がかなり長くみえるようになった。美容院に行けば、頭の手術跡が丸わかりだし。正直LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術をしたことを後悔してる」
*
「韓国の両顎手術といわれる整形手術は、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術のことでしょ?両顎頬骨エラという、削れる骨は削りまくってる症例が多いような気がする」
*
「LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術をしてからの半年~2年は、顔の筋肉の動きが悪くなったのと、歯も見えにくいので、笑顔が明らかに不自然になります。頬は腫れがひいても、術前よりは確実に膨らんだ感じになるし。その上、人中も長くなるので、私の顔は、ハムスターのようになりました。なので、人中短縮や、頬と顎下のフェイスリフト、脂肪吸引、小鼻縮小等が、人によっては必要になってくるかもしれないことを予め(予算的にも)覚悟してから、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術をした方がいいかと思います」
*
「私も、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術と下顎枝矢状分割法(SSRO)をしましたが、私の行った美容整形クリニックだと、初診から5ヵ月後にLEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術をしました。LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術までに、カウンセリング、CTの持参、貯血3回で、計5回通院しました」
*
「先にLEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術と下顎枝矢状分割法(SSRO)をして、固定プレート除去手術の時に、頬骨削りとエラ削りをするのが無難なのですかねぇ」
*
「固定プレートは、溶けて身体に吸収されるタイプもあり、除去しなくていい場合があるので、”輪郭フルコース”をするのは、検討した方がいいと思います。それと、”輪郭フルコース”をすると、たぶんフェイスリフトをすることになると思います」
*
「必ずしもLEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術と下顎枝矢状分割法(SSRO)を同時にしなくてもよいかと思います。上顎を短くしたり、後ろに引っ込めると、下顎に前向きの回転がかかるから。簡単にいうと、アイーンをしている状態になる。元々、発達不全気味の下顎ならば、前方に回転がかかっても、バランスが良くなるから、下顎枝矢状分割法(SSRO)をする必要性はないと思います(噛み合わせにもよりますが)。上顎下顎のバランスに問題のない人が、とにかく小顔目的で、顔下半分の体積を減らしたいというのならば、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術と下顎枝矢状分割法(SSRO)、両方ともするべきだと思います」
*
「LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術をすると、必ず噛み合わせがズレてくるので、下顎枝矢状分割法(SSRO)を同時にした方がいいと思います。LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術と下顎枝矢状分割法(SSRO)ををした後に、歯列矯正をして、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術だけで噛み合わせが調整できるレベルなのであれば、下顎枝矢状分割法(SSRO)は必要ない場合もあるかもしれませんが。上顎を持ち上げて、後ろに引っ込めれば、下顎がかなり引っ込んでいる人でない限り、今度は受け口気味になってしまうと思います」

△上記文章はユーザー個々の投稿です