Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)とは、笑うと、歯茎が見えてしまい、通常のガミースマイルの手術では、改善が見込めそうもない人に適した手術です。

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)をした効果は、そのまま持続するので、後戻りがありません。

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)は、かなり高度な手術テクニックを必要とするため、経験豊富な医師が執刀しないと、失敗や後遺症をもたらす場合があります。

【Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)が適した人】

  • 面長、馬ヅラの人
  • 笑うと、歯茎が見える(ガミースマイル)人
  • 歯列矯正をする時間のない人

【Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)の施術方法】

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)の施術方法は、口腔内から切開するので、傷痕が外からではわかりません。

上口唇と歯肉の間を切除して、皮膚組織を剥離していきます。

剥離後、上顎骨を切って、上の歯全体を上方に引き上げて、固定用プレートでしっかりと留めます。

【Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)のデメリット】

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)のデメリットは、固定用プレートを入れるため、高周波治療等ができないことです。

【Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)のダウンタイム】

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)のダウンタイムは、大きな腫れであれば、1週間程で引きますが、抜糸だと2週間程かかることがあるようです。

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)は、内出血や赤み等が出にくい治療ではありますが、顔の腫れや一時的な神経麻痺は起こり得ます。

口腔内からの手術となので、術後しばらくの間は、熱い物、固い物、刺激物の飲食は、控えた方が良いでしょう。

【施術所要時間】

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)の施術時間は、約2~4時間くらいを要します。

【施術料金】

Le fort(ルフォー) I型(上顎短縮骨切り)の施術料金は、病院によりまちまちですが、概ね120~200万円程かかるといわれています。

△上記文章はユーザーの投稿です