顎削り オトガイ 神経 顔面麻痺 後遺症

顎削りをするには、実際に削る顎骨部分の少なくとも倍の顎骨を露出させなくてはならないといわれています。

露出させた顎骨を削るにあたって、顎骨についているオトガイ筋等の軟部組織を剥がします。

幅広い範囲のオトガイ筋を剥がすことになるため、術後にどうしても皮膚の弛みが生じやすくなります。

また、顎骨を少しでも削り過ぎてしまうと、顔が引きつれを起こしてしまいます。

顎骨の表面にある硬い部分が全部なくなるほどに削ってしまうと、露出した骨髄に筋肉が癒着してしまうためです。

骨髄が露出すること自体に健康上の問題はないものの、筋肉が癒着するので、それに伴い引きつれを起こすのです。

引きつれを起こさないためには、骨の表面にある硬い部分が全部なくならないように注意しながら削ることが重要になってきます。

したがって、顎削りで改善できる骨の短縮量は少しだけなので、劇的な顔貌の変化を得ることは難しいといわれています。

顎削りで1番深刻な後遺症が顔面麻痺で、手術中に顔面神経を傷つけてしまったことで、痺れが残ってしまったというケースもあります。

顔面麻痺の対処法としては、ステロイド注射を定期的に打ったり、マッサージをしていくことしかありません。

とても手間がかかって、精神的な負担も大きな治療となります。

痺れが残らなくても、顎骨を細くされ過ぎて、顎変形症のような外見になってしまったとか、左右非対称になったという問題が生じてしまうこともあります。

印象を良くしようとした顎削りなのに、外見に新問題を抱えることになっては、逆行です。

顎削りの結果は、術後約1年は経ってみないと、わからないといわれています。

その期間は、執刀した医師と連絡がとれる環境が用意されている美容整形クリニックであるかかどうか、予めチェックしておくことが大事です。

顎削りには、常に高度で最新の技術を必要とするため、かつての名医が現在の名医であるとは必ずしもいえません。

最新技術の習得に努めている医師がいる美容整形クリニックかどうかを、しっかりと確認することが重要です。

一旦失敗したら重大な後遺症に悩むのが顎削りなので、1度の顎削りで成功させなくてはなりません。

また、安い手術費用につられて、美容整形クリニックを選ばないことです。

顎削りだけで約120万円くらい、別途麻酔費用で約5万円はかかるといわれています。

インターネットでの口コミや体験談も十分にチェックしておきましょう。

△上記文章はユーザー個々の投稿です