LeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)

LeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)

ガミースマイルとは、歯茎が剥き出しになってしまった状態で、比較的多い症例です。

このガミースマイルに対しては、中程度までは、骨切りをしなくても改善ができます。

粘膜切除術という方法で、剥き出しになった歯茎部分の粘膜を切除してしまう形成外科的手術です。

この粘膜切除術は、縫合技術、特にドックイヤー等を考慮できる形成外科技術医でないと、悪い仕上がりになります。

ただし、粘膜切除術では改善されない場合があります。

それは、重度のガミースマイルです。

重度のガミースマイルは、骨切りをすることになります。

骨切りの中でも、LeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)と言われる手術方法です。

出っ歯(上顎前突症)は、セットバックと言われる手術により、上の左右第1小臼歯を抜いて、根元の骨も取り除きます。

その空いた空間を利用し、前歯6本を奥に引っ込めさせ、骨を固定するチタンプレートで結合し、下顎の歯に噛み合わせます。

このLeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)は、している病院が少ないですが、根本的改善ができるのでオススメです。

医師の中には、歯科ダブルライセンスで治療している名医もいますので、検討の余地はあるかと思われます。

LeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)のメリット&効果

LeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)をすることで、綺麗なEライン、横顔を実現することができます。

LeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)のデメリット

医師の多くが、このLeFort(ルフォー)Ⅰ型(上顎短縮骨切り)の経験を積んでいないので、病院によって仕上がりにバラつきが出る可能性があります。

また、その仕上がりのバラつき加減が、そのまま顔面麻痺の後遺症等に直結することにもなりかねないので、医師選びは慎重に行うべきです。

△上記文章はユーザーの投稿です