ルフォーI型 噛み合わせがズレる

ルフォーに関する口コミや発言をピックアップしましたので、興味のある人は一読を!

「ルフォーIをすると、噛み合わせが変になるので、必然的に下顎もサジタール(SSRO)で奥に引っ込めなければなりません。だから、健康保険が適用されなければ、およそ200万円程度がかかるのではないかと思います。私の場合は、矯正+ルフォー+サジタールで、約300万円程度がかかるようです。ルフォーをしている病院は、そこそこありますが、下顎も上顎と一緒に手術しないと、噛み合わせが変になるということを、説明してくれない病院には、注意した方がいいですね」

「ルフォーI型は、噛み合わせがズレちゃうんですか。それは困りますね・・・」

「ルフォーは、上にも奥にも左右にも顎骨を動かせるので、正しい位置、理想の位置に顎骨を動かせば、当然ながら、元々噛み合っていた下顎との位置が異なってしまうので、下顎も動かすのは必須です。よく、上顎を上げれば、下顎も上がるから、噛み合わせに問題はない、等と説明して、ルフォーIしかしていない病院がありますが、それは嘘です」

「前もって熾烈矯正で歯並びを調整してから、ルフォーをする場合もあるし、その逆でルフォーをした後に歯列矯正をする場合もあります。美容整形の手術をする場合は、先に手術をする場合が多いのかな」

「健康保険が適用されなければ、大学病院でのルフォーは、無理だと思われます。ルフォーとサジタールをしている矯正歯科もあるので、輪郭形成専門の美容外科の中からルフォーができる病院を探すのが1番良い方法ではないでしょうか」

「審美もしている通常の病院があれば、話は別ですが、やはり大学附属病院は、異常や障害の治療が目的で、審美のための治療はしないので、『異常や障害がなければ、当大学附属病院での治療は無理』といわれてしまう確率が高いと思います」

「まずは、大学病院でも個人クリニックでもいいから、矯正歯科で精密検査を受けるといいと思います」

「そもそもルフォーIに健康保険が適用される例は、極端なガミースマイルか、骨格に起因する上顎前突か、歯列矯正だけでは治せない程の歪みがあるか、等々といった、骨格異常や障害があるか、歯列矯正だけの治療では困難か、が基本になっているので、噛み合わせや骨格にそこまでの異常・障害が認められない場合は、健康保険適用外のみならず、治療対象外になってしまうと思われます」

「どうしても、大学附属病院でルフォーをしたいというのであれば、やはり上下顎骨切りをしている形成外科出身の医師や、日本矯正歯科学会出身の矯正歯科医がいる美容外科でルフォーをするのが最も良い手段かと思われます」

「あと、ルフォーができる病院選びの基準として、とりわけレントゲン撮影やセファロによる分析といったしっかりと解析をやっている病院や、血液検査等をしている病院を選ぶのが重要だと思われます」

△上記文章はユーザー個々の投稿です