受け口 治療開始時期

受け口が悩みです。
程度的には綾瀬はるかさんをもう少し受け口にしたくらいです。
今になって知りましたが、受け口は幼児(4歳から7歳くらい)のうちに治しておくことができたみたいです。
私は幼児の頃から受け口だったので小さいうちに適切な治療をしていればこんなにひどくならずにすんだのかも・・・(T_T)
この時期の、乳歯の時や前歯の永久歯が生え始めの頃に開始する場合、ムーシールドやT4Kと呼ばれる反対咬合用のマウスピースタイプの矯正装置で治していくそうです。
このころの反対咬合の原因は舌の位置や使い方が原因で反対咬合になっていることが多いため、マウスピースタイプの矯正装置で舌の位置を改善することによって、反対咬合を治します。
成長してから受け口の治療をしようと思うと治療期間が長くなってしまうようです。
反対咬合は身長が伸びると悪くなるという意見もあります。
身長が伸びると下顎も成長するため反対咬合が悪い方向に向かうんだとか。
上顎は頭の骨に繋がった骨のために、体や下顎よりも早く成長します。しかし、下顎は体の成長と同じ時期に成長するため、上顎より遅れて成長します。そのため反対咬合の方は身長が伸びると悪化する傾向にあるそうです。
私も幼児期からすでに受け口気味でしたが、第二次成長期の小学校5、6年あたりからひどくなったように思います。
また、小学生や中学生の時、反対咬合を治しても、その後の成長によって戻ってしまうこともあるそうです・・・
低年齢の時に反対咬合を治すことによって、安定した噛み合わせが得られる場合がありますが、高校生ぐらいになって急激に身長が伸び、それに伴って下顎が伸びると反対咬合が戻ってしまうことがあるそうです。
つまり、下顎が伸びる遺伝子だったから仕方ないということでしょうか(T_T)

また、舌小帯が短いと受け口になりやすいといいますよね。
舌小帯とは舌の裏側にある筋のことです。舌小帯が短いと舌が上顎まで持ち上げられず、いつも下の前歯を押してしまい、下の前歯が前に出て反対咬合になる可能性が高くなるそうです。
舌小帯が短いと滑舌が悪くなりやすいので女優の土屋太鳳さんは舌小帯を切る手術をしたんだとか・・・!!
とにかく、もう成長がすっかり止まってしまってから受け口をきれいに治そうと思ったら、外科的処置に頼るしかないですね。
美容外科は抵抗がありますが、審美的な面を気にするのなら口腔外科よりも美容外科の方が適していると思います。

△上記文章はユーザーの投稿です