エラ削り リスク 支障

皆さんご存じの通り、エラ張りの原因は主に2つあります。
A 筋肉(咬筋)の発達
B 下顎角骨(俗に言うエラ骨)の張り出し

そして美容整形のカテゴリーでは
原因Aの解消法:ボトックス注射、咬筋切除
原因Bの解消法:エラ削り
とされています。

さて、ネットで検索して出てくるエラ張り解消法は
・咬筋のコリをほぐすエクササイズ
・1日たった5分で手軽にできる小顔マッサージ
・タオル枕
などなど、本当に色々ありますね!
けれど気がつきましたか?Aの原因の解消法ばっかりなんですよね。
肝心なのはBの原因、すなわち「骨格が」原因のエラ張りの解消法を教えてほしいのに、その解消法には全くといっていいほど触れてないんですね
というか、あえて触れないようにしているだけですよね、美容整形以外でBの原因を解消することは無理できないってはじめからわかってるから。
エラ張りの原因は骨でなく実は筋肉が発達していることによることがほとんどだと決めつけて、そして咬筋を小さくする方法を延々と述べる。自分でできるエラ張り解消法!なんてフレーズ使っちゃってまぁ。
はっきりいって無駄です。
そんなんで卵形の小顔になれるわけないじゃないですか・・・。100㌫ただの自己満足で終わっちゃいます。
マッサージなんかして細くしなやかになるなんて嘘っぱちです。筋肉は使うことで大きくなるか使わないことで衰え小さくなるか、この二種類しかありません。寝たきりの人の足を見てもらえればわかります。そんなに咬筋衰えさせたいなら1日3食流動食にしてください。ばっちり効果出ますよ^^。
マッサージでリンパの流れを良くして老廃物を流してスッキリ→生きている限り老廃物はどんどんまた溜まります。
1日たった5分で手軽にできる小顔マッサージ→5分しかやらなかったなら5分で元に戻ります。
生活習慣を見直してエラ張りを予防しよう→病気や怪我をして医者にかかるのは予防のためではなく治療するためです。こっちは原因予防策ではなく原因の解決策を知りたいんですよねぇ。
しかも、美容整形である咬筋の切除やボトックス注射に言及しているならまだいいほうです。なかには「エラ矯正」だとか「小顔整体」などといった何の根拠もないインチキ施術を勧めるサイトまで目につく有様です。
サイズ自体が変わらなきゃ小顔とかあるわけない。普通に考えれば分かることです。
ちょっと力加えたぐらいで骨が動くわけないでしょ。そんなに人間の骨って柔らかいんですか?
術前・施術後で顔の角度、表情、ライトの当て方が露骨に違います。
そういったサイトを上から読んでいくと、ページの最後にはお約束の小顔矯正の整体医院へのリンクが・・・・・・
エラ張りの原因とその解消法を並べているサイトの多くは単なるアフィリエリトサイトです。
芸能人の美容整体なんてのも、彼女たちはただの広告塔です。エラ削りをはじめとする輪郭整形手術のカモフラージュですね。

情弱こと情報弱者はいつだって搾取されるだけのカモなんですよね。
はっきり言えることは、小顔整体なんてうたってる連中の本音は、小顔になって欲しくないんです。何度も足繁く通わせてお金をおとしてほしいんですから。
それをよくふまえたうえで、それでも連中に貢ぎたいというならどうぞご自由に。

筋肉や脂肪は骨に付着しているんです。だから結局は輪郭変えたいなら原因になってる骨のカタチをかえるしかありません。矯正ではなく物理的に削り取るしかないんです。
どうしてもエラ張りを解消したいならおとなしくエラ削り受けて下さい。
リスクが大きすぎるから、お金がないから、ならあきらめればいいだけのことです。
大多数の人にとって他人のエラ張りなんて所詮他人事ですよ。多少のエラ張りの顔なら生きていくのに支障はないですし、エラ張りは個性だと開き直っちゃってもいいですしね。

△上記文章はユーザーの投稿です