頬骨削り 体験者 体験談 口コミ

「皮膚が弛むというか、骨がなくなった分だけ、頬肉が下に落ちるのは、普通にあることだと思います。それが軽度か重度かは、個人差があると思います」

「頬骨削りをしてみたいけど、頬骨削りをした後の、皮膚の弛みが不安だ。症例写真を見てると、アンパンマン系の顔立ちの人は、皮膚の弛みが目立つよね。自分はアンパンマン系の顔立ちだから、頬骨削りを迷ってる」

「左右非対称は、2ヵ月くらいまであった。その後は次第になじんで、左右非対称が目立たなくなった」

「頬肉がパンパンで、頬の位置が不自然なほど下に垂れ下がってる状態。わかりやすく例えると、最近の益●つ●さみたいな顔」

「頬骨削りをしたことで、顔の肉の配置が変わったので、皮膚の弛みを含めて、何か違和感がある。筋肉とかはリセットされたんだな、と思って、笑顔とかで顔の筋肉を鍛えまくってたら、皮膚の弛みが良くなった」

「頬骨削りは、メンテナンス不要だよ。骨とは関係のない、肌とかのメンテナンスなら、必要になるかと」

「頬骨削りをした後の皮膚の弛みは、筋肉の上の皮膚が落ちたという感じです。太陽光の下で、自分の顔を鏡で見ると、それがよくわかりますよ」

「骨から皮膚を剥離しない頬骨削りの方法ならば、原理的には、皮膚が弛まないとのこと。その方法の頬骨削りは、症例写真でも見ても、皮膚の弛みがほとんど起きてないようだし」

「頬骨を整形するということは、頬骨周辺のボリュームを減らすということでしょ。今一度よく考えてみよう。これと同じような事例が、身近にあって誰もが知ってるのがある。お母さんが赤ちゃんにおっぱいをあげるよね。卒乳したら、ボリュームが落ちて、垂れ乳になる。それは誰でも知ってるでしょ。それは巨乳であるほど、垂れやすい。頬骨もこれと同じ原理なんじゃないの」

「頬骨削りは、綺麗な仕上がりにするのが難しいから、本当に頬骨削りをするべきか、慎重に考えてほしいです。頬骨削りが上手くいかなかったら、それは悲惨だよ。私は、頬骨削りをしたことによって、すっかり人相が変わってしまって。最近、1年かけて、以前にした頬骨削りの修正手術をしたばかり。頭の中をカチューシャみたいに切開し、肋骨から外した骨を削り、形を整えて、頬骨に骨移植をしました。頭蓋骨にセンサーをつけて、CTスキャンのデータと照合しながら、頬骨の形を調整してくれました。頭から頬骨にかけての皮をめくった、と執刀医がいってた」

△上記文章はユーザー個々の投稿です