頬骨削り 頬骨切り リスク 後遺症

頬骨削り&頬骨切りは、頬骨の前面、側面、斜面等で出っ張っている部分を切断した後に、頬骨をズラして固定したり、あるいは頬骨を削ったりすることによって、フェイスラインを調整し、小顔にするという手術です。

頬骨削り&頬骨切りの種類は、大きく分けて以下の方法があります。

  • 頬骨を削るのみの方法
  • 頬骨を切断してからの後方移動(奥への移動)
  • 頬骨をいくつかに分割してからの再構築
  • 頬骨前面、頬骨弓そのものを削る方法
  • アーチインフラクチャー法
  • 頬骨弓部を分解し再構築する方法

これらの頬骨削り&頬骨切りは、頬骨の状態によって、採用する方法が変わってきます。

代表的な頬骨削り&頬骨切りの失敗例は、効果の僅少、左右非対称、頬の段差、頬骨のずれ、感覚麻痺、等があります。

また、頬骨削り&頬骨切りをした後に、皮膚の弛みを生じたり、表情筋を破壊してしまう、といった失敗も多々あります。

こうした頬骨削り&頬骨切りの失敗の背景には、頬骨削りは、かなりの高度な技術を必要とする整形手術で、そに見合った技量を持つ医師の不足があります。

皮膚の弛みは、年配者が輪郭形成(顎削り、エラ削り、頬骨削り)等をすると、どうしても皮膚の弛みを避けられないこともあります。

これら頬骨削り&頬骨切りの失敗を回避するには、短時間のカウンセリングをするクリニックや、手術後のアフターケアのないクリニックでの施術をしないことです。

こうしたクリニックでは、頬骨削り&頬骨切りをした後の、後遺症やトラブル等が多く報告される傾向があるからです。

なので、頬骨削り&頬骨切りの失敗を回避するためにも、技術力が高いクリニックや医師を探して、選びましょう。

なお、補足として、以下に頬骨削りで起こり得るリスク、後遺症等を列挙しておきます。

痛み、違和感・異物感、血行障害・壊死、痺れ・麻痺、効果(変化)なし、頬の凹み、細菌感染(化膿)、血腫、皮膚の弛み・余り、左右非対称、術中における出血、色素沈着、頬の段差、頬骨のずれ、アゴの梅干し、アゴの正中ずれ、等々

△上記文章はユーザー個々の投稿です