顎削り術’

■エラ削り&頬骨縮小術の事前準備

エラ削り&頬骨縮小術をする8時間前からは、食事も水もダメでした。

フードのついたパーカー等あると、暇な時の散歩で重宝するかと思います。

私は日本からインスタントスープ等を持参していったのですが、ホテルのすぐ近くにコンビニがあったので、わざわざ持参しなくても良かったなと思いました。

■エラ削り&頬骨縮小術 当日

エラ削り&頬骨縮小術後は、常に看護師が、私の様子を見にきてくれ、何かあれば迅速に対応してくれたので、かなり安心しました。

■エラ削り&頬骨縮小術の翌日

エラ削り&頬骨縮小術の翌日は、喉の痛みや、凄い吐き気がつらいと聞いていましたが、私の場合は、喉の痛みも吐き気もほとんどありませんでした。

しかし、エラ削り&頬骨縮小術後6時間は、眠ってはいけないので、それだけが唯一つらいかったです。

退院時に、固定バンドを外した自分の姿を鏡で見て、顔が腫れてたものの、仕上がり具合が気になっていたエラ等のフェイスラインが、しっかりとシャープになっていたので、とてもうれしくて、顔の腫れが引くのが、楽しみでした(通訳によると、私はほぼ腫れないタイプだったとのこと)。

■エラ削り&頬骨縮小術 3日目

エラ削り&頬骨縮小術後3日目が、最も顔が腫れると聞いていましたが、やはり1日目、2日目に比べ、顔の腫れが目立っていたように思います。

口元は、手術翌日よりも開けられるようになり、お粥等は特に問題なく食べられました。

夕方からリンパマッサージや、パック等といった、腫れをひかせるためのケアがありました。

日本での整形手術の場合は、このようなケアは費用に含まれていないから、事前に支払った手術費用に足すことなく、ケアを受けられるのは、良いなと思いました。

この日より、顔の腫れを早く引かせる目的で、朝の約30分間で、頑張って散歩をしました。

■エラ削り&頬骨縮小術 1週間目

まだ、マスクなしでは外出できないですが、顔の腫れは、かなり収まってきました。

術後4日目あたりから、目の下や口の横の痣が黄色く目立ってきましたが、徐々になくなってきました。

口をあまり開けられないですが、食欲もあって、お粥の他にも柔らかいクッキーやカステラ等を食べました。

口角を上げてみても、頬の痛みがない状態になり、口も術後3日目に比べて、やや大きく開けられるようになりました。

こめかみの抜糸をして、この日も腫れをひかせるためのケアをしてもらいました。

マッサージやパックが、心地良過ぎて、途中で眠ってしまいました。

術後1週間目になったところで、日本に帰国するので、この日が韓国における最後の通院でした。

この1週間で思ったことですが、通訳の人を始め、美容整形クリニックのスタッフの人達の対応が素晴らしかったです。

エラ削り&頬骨縮小術が終わっても、1人1人のスタッフは、毎回私に丁寧に優しく対応してくれ、1人1人の患者を大切に接してくれているのが、伝わってきました。

この後は、顔の腫れが引くのが、本当に楽しみで仕方がありません。

###

顎削りを実際に体験した人の話、口コミをまとめてみました。

「知人が顎削りをしました。1ヵ月間は、その娘の顔が、別人のようにパンパンに腫れてました。あまりにも顔が腫れ過ぎていて、顎削りをしたのかもわからないくら。現在は普通の顔の状態に戻ったけど、実際のところ、顎が変わったのかなって感じです。顎削りをした本人も、顎が変わってないといっています。そんな私は、その娘が顎削りをしたクリニックで、定期的にボトックスとヒアルロン酸を注射していますが、その時ついでに、その娘の話を先生としたら、「個人差があって、1人1人顎削りの限界が異なるからね」といっていました。1年間保証だから、また顎削りをしたい、とその娘はいっていますが、顎削りをしてから最低半年は、顎削りをしてはいけないようです。あと、顎削りは、かなりの痛みを伴うとのことでしたよ。夜は眠れないと、その娘はいっていました。食事も、顎が痛くて、噛めなかったそうです」

「私は、下顎の骨を削っています。水平骨切り(?)のような名称の手術(よく覚えていなくて済みません)で、特に受け口で悩んでいる人がする手術です。私は、受け口ではないけれども、前歯しか合わない(奥歯で噛みしめることができない)噛み合わせで、そのストレスと、笑った時の容姿が気になって仕方がなかったので、5年程前にしました。全身麻酔をして、顔の神経を損傷してしまうリスクもあるとのことでしたが、現在は全く問題ありません。下顎の骨を削っても、わずかな変化なので、周囲の人間には、私から言わない限り、顎削りをしたことは気づかれません。自分自身のためになったので、本当に顎削りをして良かったです。一応、一般の医療病院でもできる顎削りですが、美容整形クリニックの方が、早く終わるから、美容整形クリニックでしました。因みに費用は、約130万円かかりました」

「私は、美容整形をしたことで、自分自身に対し、自信を持てるようになるのなら、美容整形をしても良いと思います。ただ、顎削りをしたりといった大がかりな手術は、後遺症等の問題も頻繁に起きているようだから、安易に美容整形を推奨すべきではないと思います。私自身は、やはり整形手術の失敗が恐いし、実際に自分の職場に、整形手術に失敗して、二重まぶたが変なふうになってしまった人がいるので。簡単な整形手術でも、下手な医師がすれば、手術の失敗はありますから」

「元々歯並びも悪く受け口の私は、通院していた矯正歯科医に受け口を治すことを勧められました。さらに、出ている顎が気になるのならば、受け口解消の整形手術と同じタイミングで、出ている顎を削れるよ、とも言われ、それで高校生の時に、美容整形クリニックで顎削りも一緒にしてもらいました。正直なところ、大々的に顔が変わった、という感じではありませんが、仕上がりには満足しています」

「自分だけは、顎削りに失敗しない、と思ってるから、顎削りをすることができるんだろうな。私の友達がそうだったように、顎削りに失敗して、そこで初めてこんなハズではなかった、こんな顔になるなんておかしい、訴えてやる!」となるんだね。術前に、整形手術の成功率も、リスクも、術前説明で聴かされているのにね」

###

私は成長につれて、しゃくれ顎が目立つようになり、そのことでかなり悩んでいました。

そんな折、見つけた美容整形クリニックは、輪郭形成に長けているとのことで、まずはカウンセリングだけしてもらおうと、そこの美容整形クリニックの医師に訊いたら、親身になって、私のしゃくれ顎の悩みを聞いてくれ、詳細な手術方法について丁寧に説明してくれました。

私のしゃくれ顎に適応する手術は、下顎枝垂直骨切り術(IVRO)になりました。

下顎枝垂直骨切り術(IVRO)の費用が、想定以上に高かったので、カウンセリングを受けた日は、一旦帰宅し、検討しました。

なぜカウンセリングを受けたその場で即決せずに、一旦帰宅して、検討したのかというと、この下顎枝垂直骨切り術(IVRO)は、術後のケアがとても重要とのことで、ゴムで上下の歯をガチガチに1ヵ月間固定しなければならないからです。

接客業をしている私は、この下顎枝垂直骨切り術(IVRO)をすることになったら、1ヵ月間の休暇を取る必要が生じるのです。

でも、下顎枝垂直骨切り術(IVRO)をしたい気持ちは、日に日に強まる一方で、家族、友人達にも相談し、後押ししてもらって、ようやく下顎枝垂直骨切り術(IVRO)をすることに決めました。

下顎枝垂直骨切り術(IVRO)をするのに必要な検査を受けて、手術前日に上下の歯数本にボタンというものを装着しました(矯正経験者ならわかると思いますが、歯に装着する金属と似ている物)。

そして、下顎枝垂直骨切り術(IVRO)を無事に終え、手術翌日には顔がパンパンに腫れましたが、想定内だったので、そんなに驚きませんでした。

手術後の痛みは、処方された鎮痛薬で抑えられる程度のものでした。

その後は、下顎枝垂直骨切り術(IVRO)後2日目、5日目、1週間目、2週間目、3週間目、1ヵ月と、細かく美容整形クリニックに通いました。

相変わらず、顎はガチガチにゴム固定をしているため、通常の食事ができず、流動食でした。

私は、カウンセラーに勧められた味噌汁や、美容整形クリニックで取り寄せてもらったエンシュアリキッドという栄養補給ドリンクを購入し、飲んでいました。

市販の栄養補給ドリンクでも、様々な種類の物がありますが、美容整形クリニックでしか購入できない栄養補給ドリンクなので、安心できました。

そんなわけで食事には苦労しましたが、さらに苦労したのが歯磨きでした。

美容整形クリニックから支給された、手術患者専用歯ブラシで、歯磨きをしました。

その歯ブラシだけでは磨き足りないと感じたので、タンパク質の汚れ等全て除去してくれる、ポイック水というものをもらいました。

虫歯防止のため、常にポイック水を持参し、こまめにうがいをしました。

私の場合は、約2週間で顔の腫れがひき、外出しても平気なくらいにまで回復していました。

その頃の痛みは、患部の痛みではなく、ガチガチのゴム固定による痛みの方で、それがつらかったです。

ただ、術後1ヵ月も経つと、夜間だけのゴム固定になったので、かなり楽になりました。

ゴム固定には、力加減がありますが、歯科衛生士さんが、その加減について丁寧に教えてくれました。

この下顎枝垂直骨切り術(IVRO)をして、周囲の友人達にもほめてもらえたし、自分の横顔にも自信を持てるようになりました。

しゃくれ顎だった自分が、まるで嘘のようです。

顔貌の変化が、目に見えて実感できるので、下顎枝垂直骨切り術(IVRO)をして、本当に良かったです

△上記文章はユーザー個々の投稿です