アーチインフラクチャー法 頬骨骨切り 体験者 口コミ

アーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)をしてから3ヵ月も経てば、自分でも分かる程の小顔になります。

いくつかの整形をしてるうちに、輪郭形成にも興味を持ってしまって、いつもお世話になっている美容整形クリニックへカウンセリングに行きました。

私の理想とする顔貌は、タレントの佐々木希さんのような卵型の顔貌になりたいと、医師に伝えたら、エラは張っていないが、頬骨が張っている輪郭だからとのことで、私はアーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)を勧められました。

アーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)をするのは、かなりの勇気がいるし、医師の話を聴いているだけでも恐くなってしまいましたが、いつも私の理想通りの仕上がりにしてくれる医師を信じて、アーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)をすることにしました。

アーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)の方法は、口中からの切開と、耳上部の切開(3cm程)をして、頬骨を切ったり、削ったりします。

他の美容整形クリニックでは、少し頬骨を削るくらいで、ほとんど顔貌の変化がないという口コミを頻繁に見ましたが、ここの美容整形クリニックに関する口コミでは、このクリニック独自の方法を駆使し、一回り小さい輪郭になるのが実感できるとのこと。

このアーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)を具体的にいうと、骨弓という骨の薄い部分2箇所の骨切りをして、内側に押し込むという手術です。

このアーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)によって、左右で約2cm幅を狭められました。

口中から切開し、行う頬骨削りは、横顔の変化に関係しますが、かなり削り過ぎると、平坦になるので、バランスをみながら、絶妙な曲面を形成します。

アーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)にかかった時間は、約4時間でした。

当初は、本当に入院しなくてもいいのかが不安でしたが、日帰りで大丈夫でした(意識が回復するまで、休憩室で寝られます)。

アーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)をした後は、かなりの痛みを伴いましたが、鎮痛薬と座薬を処方されたので、強い痛みの時だけ服用したりしました。

私の場合は、痛みだけでなく、目の周りに内出血が起こり、消えるまでに約2週間を要しました。

因み抜糸は、耳上部のが術後1週間目に、口中のは術後2週間目にしました。

業務は、1ヵ月の休暇を取ったので、看護師さんやカウンセラーさんに教え通りに、長時間の入浴を避け、枕を高くして寝たりで、十分に顔の腫れやむくみがとれました。

鎮痛薬には、腫れを軽減する効果もあるとのことで、1週間きっちりと服用するのが重要です。

アーチインフラクチャー法(頬骨骨切り)をして3ヵ月も経つと、自分でもわかるくらいの小顔になります。

この美容整形クリニックでは、手術経過の写真を撮ってくれので、とてもわかりやすかったです。

顔貌が徐々に綺麗になるにつれ、周囲の友人達にもほめられ、本当に嬉しいです。

△上記文章はユーザー個々の投稿です