反対咬合(受け口) 手術

■顎形成 固定不要の手術も

反対咬合(受け口)は、子供のうちに矯正器具を着けても治らなかったり、成長期に悪化したりするケースが見うけられます。

成人の反対咬合(受け口)の治療には、どのような方法があるのでしょうか?

噛み合わせに悩む、都内在住の30代女性会社員は、大学附属病院の矯正歯科医にカウンセリングで行きました。

X線撮影等の結果をもとに、主治医から聞かされた説明は、以下のような内容でした。

「骨格異常なので、外科手術が必要で、歯列矯正では治せません」。

女性は「歯も噛み合わせも、長持ちさせたい」ことを再優先で、歯列矯正よりも外科手術を選び、「矯正→手術→矯正」のプランに沿って、約3年半にわたる反対咬合(受け口)の治療をしました。

反対咬合(受け口)は、「顎顔面変形症」という病気で、噛みにくいし、発音しにくいし、といった機能異常があった女性の場合だと、一連の治療は全て健康保険が適用されました。

上顎下顎両方の外科手術を含む自己負担費用は、計約100万円でした。

反対咬合(受け口)を治す手術をした後は、喋りやすくなった、と話しています。

■反対咬合(受け口)の原因は2種類

反対咬合(受け口)の原因は、大きく別けて2種類があります。

1つは、歯の噛み合わせだけが逆のケースで、歯列矯正だけで治る反対咬合(受け口)です。

もう1つが骨格異常で、顎形成手術と手術前後の歯列矯正が必要な反対咬合(受け口)です。

外科手術は、歯列矯正医の紹介する大学附属病院等の口腔外科でするケースが多く、年々増加しています。

全身麻酔をした後に、口中からメスを入れ、下顎の左右両側の根元の部分を1度切り離して、奥に後退させ、チタン製プレートやスクリュー(=ネジ、ビス)で、顎骨同士を固定します。

チタン製プレートやスクリュー(=ネジ、ビス)は、4ヵ月~1年後に、あらためてプレート除去手術として外します。

歯列矯正は、学齢期にする人が多いですが、この外科手術は、骨格の成長が止まってからします。

成長期には、下顎等の長管骨とよばれる骨の両側の細胞が増殖し、成長の変化が著しいからで、成長期における反対咬合(受け口)が悪化するのも、この増殖に起因しています。

一般的には外科手術後に、骨折状態にある顎骨を固定するため、上下の歯をワイヤーでしばる顎間固定をします。

顎間固定中は、口からの食事摂取ができず、会話も不自由になり、数週間に及ぶ入院期間になります。

△上記文章はユーザー個々の投稿です