下顎枝矢状分割術について

下顎骨の咬み合わせ部分全体を移動する骨切り手術には2種類あります。

下顎枝矢状分割術と下顎枝垂直骨切り術です。

下顎枝矢状分割術と下顎枝垂直骨切り術の根本的な違いについて、簡単に説明します。

下顎枝矢状分割術は、高難易度の手術なので、下顎枝矢状分割術を上手く施術できる医師は、圧倒的に少ないです。

下顎枝矢状分割術は、下顎骨の中を走る神経血管束を損傷させずに、内外の骨片を正確に分割・骨切りをし、咬合と顎関節の調整を正常化し、内外骨片をスクリュー(=ネジ・ビス)あるいはチタン製プレートにて骨接合する手術です。

したがって、この複雑・困難な下顎枝矢状分割術を未熟な医師がすると、下口唇の知覚障害や麻痺が後遺症として残ったり、顎関節の安静位置と歯の咬み合わせ位置が一致せずに、顎関節の疼痛・雑音・違和感で下顎枝矢状分割術後に患者は悩むようになります。

この下顎枝矢状分割術に長けた熟練医師がすると、、前述の障害が発生したり、後遺症が残ることは極めて稀です。

下顎枝矢状分割術後前に、顎関節の不定愁訴(雑音、疼痛)に悩む顎変形症患者に対し、下顎枝矢状分割術を正しく行えば、症状の軽減・改善・無症状化が可能になります。

しかし、ヤブ整形医師が下顎枝矢状分割術をすると、大変な事態が生じます。

そもそも、顎関節の整位(中心位)と中心咬合位(上下歯が最大接触している位置)状態で、医師が人為的な骨接合するのが、この手術において最重要な部分です。

正しくこの下顎枝矢状分割術をすれば、術後の顎間固定は全く不要になります。

この下顎枝矢状分割術の本質を理解していない医師が考案・施術したものが、下顎枝垂直骨切り術といわれる手術法です。

下顎骨の中を走る神経を損傷させにくいという点だけを考慮し、中心位と中心咬合位の一致した状態を放棄し(神任せ!)骨接合もしないという手術なのです。

下顎枝垂直骨切り術後は、骨同士が勝手に癒合してくれるだろうという、ケセラセラの無責任手術と言えましょう。

他の病院において、この下顎枝垂直骨切り術をした患者を、これまでに多く診てきましたが、咬合と顎関節が正位し、治っていた症例は、極々少数でした。

この下顎枝垂直骨切り術では、必然的に顎間固定期間は長くなります。

手術をする前には、必ずセカンドオピニオンを受けることです。

△上記文章はユーザー個々の投稿です