顎切り 失敗 感覚 麻痺

2年前に顎切り、エラ削りの手術を受けて以来、フェイスラインの一部の感覚が麻痺したままです。
日常生活になにか差し支えるかときかれればそうではないのですが、やはりふとした瞬間に感覚の麻痺が気になってしまったり、そこに食べ物などが付いても気がつかなかったりして時々鬱になります。
顎切り、エラ削りをして骨が小さくなり見た目が改善したのはよかったので失敗とはいえないかもしれませんが、思いがけない後遺症を一生背負うことになってしまいました。
美容外科手術の医療事故は時々ニュースになりますが、私くらいの後遺症や悩みを抱えている人たちは思いの外たくさんいるのだと思います。
そのような患者がこれからの長い人生、美容整形を受けたことを悔やまずに自信を持って楽しく生きられるよう、クリニック側には全力でサポートしていくような制度が美容整形界に是非できればいいと思います。

△上記文章はユーザーの投稿です