中顔面短縮 LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術 鼻柱鼻翼挙上術 鼻下長短縮術

中顔面(眉間~鼻下点間)が長いと、なんとなく間延びしたような顔になりますが、この中顔面の短縮は困難といわれてきました。

それというのも、中顔面には鼻があるからです。

骨格だけを考えると、中顔面は上顎骨の眼窩下縁から梨状口の下端までの範囲なので、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術で上顎骨の上方移動をすることで、骨格上での中顔面の短縮は、比較的簡単にできます。

しかし、問題なのは、鼻や上口唇等の軟組織が、上顎骨と一緒にどんな変わり方をするかです。

長い中顔面の場合、元々上向きの鼻尖で、鼻孔が正面から見えていることが多く、そのような場合は、鼻柱基部を前鼻棘に縫合して、鼻柱鼻翼挙上術をすることで、鼻の長さを(眉間~鼻下点間の距離)を短縮することが可能です。

また、鼻柱基部を前鼻棘に縫合することで、上口唇の引き上げ効果もあるので、笑った時に歯が見えなくなるリスクを軽減できます。

積極的に上口唇を上げたい時には、鼻下長短縮術も併用しなければなりません。

LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術のみでの上顎の上方移動は、約2ミリが限界です。

それ以上に上顎を上方に移動させ、中顔面を短縮する場合は、下顎枝矢状分割法(SSRO)や、下顎枝垂直骨切り術(IVRO)をして、必ず下顎も上顎と一緒に上方に移動させなければなりません。

上顎だけを上方に移動させると、正常な歯の噛み合わせができなくなるリスクも生じます。

また、中顔面を短縮する時の注意点として、真っ直ぐな鼻でなく、眉間から鼻尖に向かって左右いずれかに歪んでいる人(斜鼻の人)は、中顔面を短縮すると、鼻がいっそう歪んで見えるようになってしまいます。

施術前では、注意して見ないとわからない程の斜鼻でも、施術後には斜鼻が明確になります。

眉間をA点、鼻下点をB点、オトガイ下端をC点とした場合、中顔面短縮後は、C点が上方に移動します。

そうすると、ABCを結んでできる三角形のB角の角度は、C点が上方に移動することによって狭くなっていくことで、鼻が施術前よりも歪んで見えるようになります。

したがって、斜鼻が少しでもある場合は、鼻骨内側外側骨切り術も併用し、斜鼻を修正しなくてはならなくなることがあります。

■LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術

LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術は、上顎を自由自在に移動できる手術法ですが、その上顎の移動量には、解剖学的、生理学的な限界があって、また個人差もあります。

例えば、上顎骨を上方に移動させると、鼻腔は狭くなるので、上げ過ぎると、鼻での呼吸がしにくくなります。

また、上顎骨を後方へ移動させると、気道が狭くなるので、後方へ移動し過ぎると、やはり鼻での呼吸がしにくくなったり、いびきの原因となります。

以上のような生理学的機能を検討した上で、上顎骨を移動させる量を決定します。

  1. 上顎の上口唇と、歯肉の境目周辺を切開します
  2. 骨切りをする範囲の上顎骨を露出させて、サジタルサーとレシプロソーで骨切りをします
  3. 自由になった上顎骨を、術前に設定した位置に、特殊な装置で位置決めをします
  4. チタン製固定プレートで留めます

 

■鼻柱鼻翼挙上術

LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術で、前鼻棘を上方に移動させた後に、鼻柱基部と鼻翼を上げさせるための手術法です。

鼻翼の一部と鼻腔内に手術痕が残りますが、術後時間の経過によって目立たなくなります。

  1. 鼻腔内側の皮膚を、鼻柱基部の移動量に応じて切り取ります
  2. 鼻翼軟骨内側脚及び鼻柱軟組織を、鼻中隔軟骨に縫合し、必要であれば、鼻中隔を一部切り取ります
  3. 鼻柱部の皮膚を丁寧に縫合します
  4. 鼻翼挙上術をします

 

■鼻下長短縮術

鼻下が長く、LEFort(ルフォー)Ⅰ型骨切り術の術後に、上口唇によって上顎前歯の見え方が少なくなってしまう場合に適応される手術法です。

個人差によりますが、術後は鼻下長を、最大5ミリ程短縮することが可能です。

鼻柱基部と鼻翼の一部、鼻腔内に手術痕が残りますが、術後時間の経過によって目立たなくなります。

  1. 鼻下の上口唇の皮膚を切り取ります
  2. 上下の皮膚を、上口唇を引き上げるように縫合します

△上記文章はユーザー個々の投稿です