頬骨削り 左右非対称 顎関節症 噛み合わせ

Q.私の顔は、左右非対称の輪郭なのですが、美容整形手術で解消できますか?

私の顔は、左右非対称の輪郭なので、ずっと悩んでいます。

左の輪郭は、シュッとしていますが、右の輪郭は、少し前方に出ているというか、エラが張っているように見えています。

頑張ってメイクをして、上手く隠しきれたと思っても、やはり左右非対称の輪郭は治らないし、むしろよけいに右の輪郭が目立ってしまっているような気もします。

幼少時は、そんなに左右非対称の輪郭ではなかったようですが、親が言うには、小学生の頃から左右非対称の輪郭が目立ってきたとのことです。

生まれつき左右非対称の輪郭でなければ、解消方法があるようにも思えますが、美容整形手術をすれば、左右非対称の輪郭は解消できるのでしょうか?

ご回答を宜しくお願い致します。

A.左右非対称の輪郭は、主に噛み合わせに起因し、美容整形手術で解消できます!

左右非対称の輪郭になった主な原因は、噛み合わせの悪さでしょう。

左右非対称の輪郭を放置した状態でいると、噛み合わせの悪さから虫歯や顎関節症等を誘発し、さらには集中力の低下等を引き起こします。

これだけに留まらず、左右非対称の輪郭であることから、自分に対する自信も失われてしまいかねません。

程度にもよりますが、噛み合わせの悪さは、歯科クリニックでも治すことができる場合があります。

しかし、長期間に渡って、適切な治療をせずに放置してきたので、もしかしたら骨格そのものが歪んでしまい、歯科クリニックでは治らない可能性も十分に考えられます。

そうした歯科クリニックでは治らない場合は、やはり美容整形手術で治すことになります。

美容整形手術には、顔の歪み症状に合わせた、様々な方法があります。

左右非対称の原因となっている噛み合わせの悪さを、いかに治せるかで治療法を選びましょう。

次に重要なのが、美容整形クリニック選びで、自分の悩んでいる左右非対称の輪郭を、最適な手術方法で治してくれる美容整形クリニックを探します。

顔の歪みをとったり、左右非対称を治す美容整形手術は複数ありますが、その中でも頬骨削りという整形手術があります。

骨を削るということで、手術痕が目立つのではないかと思いがちですが、口中から切って、骨を削るので、外に手術痕が出ず、目立ちません。

また、左右非対称の輪郭を治したり、悪化させないためには、普段の生活にも注意を払う必要があります。

  • 固い物よりも軟らかい物を食べる
  • 食べ物を噛む時は、どちらかに偏らずに左右均等に噛んで食べる
  • よく噛んで、食べる
  • 横向きで寝る癖がある場合は、左右バランスよく寝るか、仰向けで寝る
  • うつ伏せでは寝ない
  • 足組みを治す

以上のことに注意して、左右非対称の輪郭を悪化させないようにして下さい。

それでも顔が歪んで、さらに左右のバランス差が大きくなってしまった場合は、美容整形クリニックまでカウンセリングに行きましょう。

△上記文章はユーザー個々の投稿です