下顎骨分節骨切り術 メリット デメリット 下顎突出症 しゃくれ

下顎骨分節骨切り術は、下顎突出症、すなわちしゃくれ、受け口を解消します。

下顎突出症(反対咬合)は、下顎が特に発達している、あるいは上顎の未発達に起因して起こります。

下顎骨分節骨切り術のフローは、まず口腔内の下の歯の前部分を切開して、左右の下奥歯の抜歯をします。

次に歯茎の骨を切り取って、その骨を後方に移動させて(奥に引っ込めて)、チタン製固定プレートで留めることによって、下顎突出症を解消します。

左右の奥歯を抜歯して、顎骨を切除することによって、歯全体を後退させる(奥に引っ込める)仕組みとなっています。

歯列矯正や他の輪郭形成術等と同時にする場合もあります。

歯列矯正等も下顎突出症に効果があるといわれますが、下顎骨分節骨切り術では、効果が現れるのが、歯列矯正よりも早いので、すぐにでも下顎突出症を解消したい人には有効でしょう。

■下顎骨分節骨切り術のメリット

  • 突き出た下顎が解消されることで、他人に対し、スッキリした顔の印象を与える

■下顎骨分節骨切り術のデメリット

  • 下顎骨分節骨切り術をした後しばらくの間、歯の一部をワイヤー固定する必要あり
  • 下顎骨分節骨切り術をした後の歯列矯正が必要

■下顎骨分節骨切り術のリスク等

下顎骨分節骨切り術をした後しばらくの間は、抜歯した歯の前後を、ワイヤー固定をする必要があります。

ワイヤー固定の調整が、うまくいかない場合は、歯間に痛みが突発することがあります。

その場合は、再度ワイヤー固定を調整し直すこともできますが、それでも痛みが生じる際は、約1年かけて、固定を慣らしていきます。

この下顎骨分節骨切り術では、手術操作の際に神経を損傷させたり、切断してしまったり、といったことがあり、下顎骨分節骨切り術をした後に、歯茎の麻痺や歯痛、皮膚の違和感が残ってしまうリスクがあります。

ただし、ほとんどの場合で、歯茎の麻痺や歯痛、皮膚の違和感等は、約半年が経過すれば、薄れてゆきます。

△上記文章はユーザー個々の投稿です