下顎枝垂直骨切り術’

質問:
4週間前に下顎枝垂直骨切り術をしました。
下顎枝垂直骨切り術後の麻痺は怖かったし、長い顎間固定にも耐えられるか不安でしたが、下顎枝垂直骨切り術を選びました。
統計によると、下顎枝垂直骨切り術後の麻痺は、稀に残るとのことで、たぶん数百人に1人の確率で麻痺が残るのだと思われます。
しかし、下顎枝垂直骨切り術以降、下口唇からオトガイにかけて、痺れと知覚麻痺が続いています。
医師の説明によると、顎骨が固く厚みがあり、骨切りにかなりの時間を要したとのことです。
6時間の総手術時間で、約800mlの出血もあり、統計のデータと比べても、これらの数値はかなり逸脱してるのではないかと思われます。
インターネットで調べても、下顎枝垂直骨切り術で残った麻痺についての経過情報がなく、かなり不安です。
枝状分割術後に残った麻痺は、約半年でほぼ回復するとのことですが、下顎枝垂直骨切り術後に残った麻痺でも、回復は枝状分割術と同様に考えてもいいのでしょうか?
現在、下顎枝垂直骨切り術後約1ヵ月ですが、下口唇とオトガイの知覚がやや回復した程度で、回復した実感がありません。
回答を宜しくお願い致します。

回答:
顎変形症手術の1つである下顎枝矢状分割術に比べ、下顎枝垂直骨切り術は知覚麻痺の残る確率が低いことは確かですが、下顎枝垂直骨切り術であっても、術後の知覚麻痺は起こり得るとの見解が一般的です。
下顎枝矢状分割術と下顎枝垂直骨切り術のどちらが、術後の麻痺が少ないかと質問されれば、下顎枝垂直骨切り術と回答します。
手術後の知覚麻痺の回復は、下顎枝矢状分割術が最も遅い傾向にあり、下顎枝垂直骨切り術は比較的早期に回復するといわれています。
以上の傾向は、あくまでも統計的な傾向であって、個人差があることを認識する必要があります。
つまり、平均的な顎骨の後方移動量、手術時間、出血量であれば、平均的な経過を辿るであろうと解釈できるということです。
今回のケースでは、明らかに平均的な手術時間、出血量から逸脱していますが、すでに下口唇とオトガイの感覚がやや回復したことを認識されているので、知覚麻痺の回復過程に問題なしと判断されます。

###

質問:
出っ歯ではないのですが、出っ歯に見えます。
おそらく上顎が下顎に対して大きいせいだと思います。
上顎を引っ込める美容整形したことある人っておられますか?
整形手術のときの痛みや腫れ、整形して満足の得られる結果だったかどうかなど知りたいです。

回答:
上顎セットバックと、エラの骨切り、頬骨骨削り、顎先にプロテーゼを入れて整える手術を同時に2週間前にやったばかりです。
はっきり言って、本当に大変です。
顔は固定圧迫で全て覆われ、口は全く開けれない、術後3日間は息苦しく窒息するかと思いました。
ナースコールをなんども押して痰を吸引してもらい、しゃべれないので筆談、のども頭も痛く、熱はでるし本当に重病人な感じでした。
また、ショックだったのが術後はじめて自分の顔を見たときでした。
圧迫固定はミイラのようだし、何より、唇が内出血と腫れで3倍くらい膨れ上がっていました。
今でもまだかなり腫れていてこの整形がうまくいったのかわかりません。
10日で職場復帰の予定でしたが、見た目的にも体力的にもとても働ける状況でなく、結局病気を理由に退職しました。
収入が絶たれダウンタイムが終わった後、無事にきれいになれるのかもわからず今は不安だらけで混乱しています。
エラや上顎の手術は皮膚の弛みが術後に現れることもあると言います。
わたしは28歳という妙齢で手術したのでそれらの副作用も不安です。

###

質問:
韓国での美容整形について教えて下さい。
近々韓国でVライン整形(エラ、頬骨、あご削り)をやる予定でいます。
韓国にきめた理由は価格が安いからですが、ここに来て迷いが生じています。
それは韓国で輪郭整形を受けた約半数の人が満足していないというデータを知ってしまったから。。
どうしたらいいでしょうか?
もう、手術の予約をしているのですが、キャンセルすべきでしょうか?

回答:
私も韓国でVラインやりましたよ。
大手術だけに個人的には体力的にも精神的にもかなり辛かったです。
韓国の輪郭手術は基本的には入院なしで、敷地内にある簡易宿泊所みたいな施設に手術当日から宿泊します。
夜は息ぐるしくて窒息するんじゃないかと不安だし、痛いし、腫れるし。。
1ヶ月以上まともに口も開かないので食事も同じようには取れません。
しかも術後少したてば毎日口をあけるリハビリなどを一時間やるのですが、これがまた激痛で。。
生半可な気持ちではオススメできません。
国内でもエラ、頬骨、あごで100万前後のところもありますよ。
迷っているならやめた方がいいです。

###

質問:
エラがはっているのがとてもコンプレックスです。
現在、大学生なのですが、エラが気になって髪型をアップにすることができません。
女なのに骨と筋肉がすごく張っています。
エラ削りの美容整形を受けようと考えているのですが、後遺症やリスクは何かありますか?
また目を大きくする整形はどの程度の後遺症リスクはどのくらいありますか?
大学生でも受けられますか?
また、テレビで扇風機おばさんみたいに整形したあとに顔が崩れることがあるというのを見ました。
整形をして将来、顔の中に何も入れてなくても崩れてきたりしますか?
総額でどの程度になるでしょうか?
本当に悩んでいます。
よろしくお願いします。

###

ある医師がたまたま探し出した、とある顎変形症手術関連の参考文献について書いていましたので、それを要約し、紹介したいと思います。

■参考文献
TreatmentofJawDeformity:ANationwadeSurveyoftheSituationinJapan

興味深かったので、サッと読んでみました。

この文献をまとめると、以下のようになります。

【189ヵ所の医療施設から得た調査(06年4月~07年3月まで外科施設において顎変形治療数:2926名)】

●SSRO治療が2069症例中で最多数→70%

以下、全て平均値です。

●顎変形症手術前の矯正治療期間:13ヵ月(非抜糸)、18月(抜糸)
●SSRO手術時間:163分
●顎変形症手術後の矯正治療期間:11ヵ月
●顎変形症手術での出血量:203mm(下顎)、512mm(上顎下顎)、さらに手術時間と出血量には正の相関関係が見られた。
●入院期間:15日(下顎)、17日(上顎下顎)
●顎間固定平均:10~11日
●自己輸血:30施設において全例或いは原則的に実施され、43施設では症例によって実施された。

●合併・偶発症:顎変形症手術中での異常骨折:17施設
●顎変形症手術中の大量出血:9施設
●吸収性プレートの破損:8施設
●神経疾患の悪化:2施設
●神経損傷:8施設
●顎関節脱臼:3施設
●顎変形症手術後の細菌感染:3施設
●精神疾患の悪化:2施設
●矯正用ブラケット組織内迷入:2施設
●その他、呼吸障害、肝臓脳障害、胃管の誤挿入等

あらら、かなり顎変形症手術における医療ミスや失敗が、多いのではないでしょうか?

●整形外科医と矯正歯科医の連帯における問題点:矯正歯科医が、顎変形症手術について、しっかりと理解していない(勉強不足)、整形外科医と矯正歯科医双方間の意思の疎通がなされていない、整形外科医と矯正歯科医それぞれの治療方針における相違、医師の技量による治療レベルの相違点、等々。

顎変形症治療は矯正、外科医の腕前・知識と彼らの連携に関わってきます。

経験の浅い、しかも連携すら十分にされていない病院において、顎変形症手術をして、後悔することにならないように、医師選びはくれぐれも慎重にするべきですね

△上記文章はユーザー個々の投稿です