エラ削り 小顔効果 開口 リハビリ

先日、日本でエラ削り手術をしました。
術式は口内法で、顎の下を切りました。
エラの角だけではあまり小顔効果がなさそうだったので、正確にはエラ~顎近くまで骨を切り落としました。
入院は2泊でした。
退院後は術後3日~10日は血抜きのドレーンがついてますので、それがとれるまでは毎日通院です。
その間包帯またはフェイスバンテージで圧迫するので電車では行けませんが、自分で運転するのも辛いので送迎必須です。
私は周りに内緒で整形をしたので、送迎がかなわず、電車で行きましたがかなり勇気がいりますよ。
退院後、家に帰るときはさすがにタクシーを使いました。
また、その間は湯船にはつかれません。
おふろは体を洗うだけのシャワーのみです。
術後1~3ヶ月は口が少ししか開きませんので外食も厳しいです。
飲み会のときなどはみんなと同じものが食べられず苦労しました。
術後2週間くらいは豆腐やおかゆ等になります。
口が完全にもと通りに開くには3ヶ月~半年かかります。
その間に毎日口を開けるいわゆるリハビリをしますが痛くて辛かったです。
この開口のためのリハビリが私的には一番つらかったことかな。
かなりストレスが溜まります。
後遺症についてですが、どうしても削る部分は神経がたくさん通ってますので、下唇と顎は感覚が麻痺する可能性があります。
角をとるだけのエラ削りならちょっと痺れる位でしょうが、変化を求める程この部分は避けては通れません。
今、術後4ヶ月です。
腫れは気にならない程度に引き、食事はほとんど普通のものが食べられるまでに回復しました。
右顎あたりにしびれがあるので、早く回復してほしいです。

△上記文章はユーザーの投稿です