顎変形症手術 オトガイ エラ’

Q.
顎変形症手術の失敗や後遺症について、どなたか教えて下さい。

顎変形症手術ができる病院の選び方も教えて頂けると、大変ありがたいです。

ちなみに私は22歳で、顎変形症手術を検討しています。

現在は、千葉県某市の個人歯科クリニック(症例数年間70~80程度)での顎変形症手術を検討中ですが、本当にこのクリニックで顎変形症手術をしても心配ないのか、今さらながら不安です。

私が素人考えで思うに、顎変形症手術の実績数が申し分ないようだし、腕も良さそうだし、先生がこの顎変形症手術について自信とプライドがあるようで、大丈夫かなと思っていますが、お歳を召した先生なので、そこのところが不安の種です。

もし顎変形症手術が失敗し、私が悲惨な目にあっても、一生自分の人生に対し、覚悟を持って生きることができるのかとか、他にも不安になるようなことを両親は私に言い、はたして個人歯科クリニックに絞った私の選択は、正しいのか、やはり不安になってきてしまいました。

顎変形症手術の実績がある個人クリニックと、大学病院とでは、どちらの方が顎変形症手術をする上で良いと思われますか?

やはり個人クリニックは、大学病院に比べ、手術・治療面で劣るのでしょうか?

あと、顎変形症手術の失敗や後遺症についても、個人歯科クリニックの先生に訊いてみたのですが、口元に麻痺が残る程度だと言っていました。

顎変形症手術の最中に死に至ったり、言葉を喋ることができなくなったり、あるいは顎変形症手術をして数年が経過しても、物を噛むことができなかったり、口元の麻痺で涎がダラダラ垂れっ放しになったり、さらに顎変形症手術をした後の顔貌が、顎変形症手術をする前より醜くなったり、等々の失敗や後遺症は、ないのでしょうか?

A.
現在、顎変形症の再手術で入院中の私は、これまでに顎だけで5回も手術をしています(大学病院では、このような事例は過去にないとのこと)。

質問されている貴方が、どのような顎変形症で、どのような顎変形症手術をするのか分からないので、一概にはいえませんが、私の経験上では、大学病院の方が実績や経験があるかと思われます。

個人経営のクリニックよりも、やはり大学病院の方が、治療や手術する人数が多いですし、それなりに整った設備があると思いますので。

もちろん、個人クリニックがダメだというわけではなく、しっかりと最善を尽くす治療や顎変形症手術をすることでしょう。

顎変形症手術の後遺症等についてですが、私の場合は、下顎に麻痺が残っています。

前回(半年前)の顎変形症手術で残ったと思われる後遺症です。

下顎に麻痺が残った時点ですぐに対応してもらい、毎日スーパーレーザー治療をしたので、今ではかなり改善されましたが、それでも時折、手で顎を触ると、ビリビリする感覚があったり、汁物等を飲む際に、液体が顎をつたっても、全然気がつかないことがあります。

担当医も麻痺だけは覚悟して下さい、と私に頻繁に言うくらいですから、顎骨を切ったり、削ったりする整形手術は、麻痺と隣合わせなんでしょうね。

あと、顎変形症手術をする前よりも顔貌が醜くなるケースも、実際にあるようです。

昨日、顎変形症手術についての説明を聴いた際に、そう言われました。

顎変形症手術で死に至るまでの失敗は、滅多にないと思いますが、複雑に入り組んだ顔の神経や、筋肉をいじるので、瞼が開かなくなったり、等々の後遺症が最悪出ることもないとは言えないと説明されました。

私の場合は、幸いそこまで大きな後遺症は残りませんでしたが、顎の麻痺と、顎変形症手術で神経を場合によって前に引っ張ったり、あるいは奥にズラしたりといった無理をさせてしまうことで、顎変形症手術の後に、眉を上げる動作ができなくなりました。

他にも、入院中にこめかみや額が痛むこともありました。

でも、そのくらいの後遺症が残ったことで、特に生活に支障をきたすことはありません。

4回も顎骨の手術をしてきた私でも、最悪のリスクに遭っていないので、おそらく大丈夫だと思いますよ。

しかし、顎変形症手術の失敗や後遺症についての説明を聴いて、顎変形症手術を辞退する人もいるとのことなので、顎変形症手術をするか、しないかは、結局のところ貴方次第だと思います。

私は、顎骨の手術をしたことで、顔貌が結構変わり、その後は自分の顔に自信がつきました。

素敵になれる顎変形症手術ではあるので、決断を下すのは貴方自身なのです。

###

エラ削り整形を見当しているうちに以前自分と同じエラ張り&四角い顔だったのにいつのまにか顔がすっきりした有村架純さんのことが気になりだして、彼女の整形疑惑を検証し始めました。
連続投稿4回目の記事です。
前回の記事では有村架純さんはどボトックス注射を打ったのではないか、というところまで書きました。
エラを削るのはこわいけどボトックスでなんとかしたいと考えているかたは、鏡を見ながらアゴにグッと力を入れて(強く噛むように)みてください。
このときに力を入れたことによってエラがちょっと目立つようになる場合は、ボトックスでも効果のある可能性はあります。
ただ、有村架純さんのようにエラがあるのはベビーフェイスで可愛い印象になるので細くなりすぎると少し老けるというか、良く言えば大人キレイ系になってしまいます。
自分では気になっていても周りから見たらせっかくの可愛げがどこ行った!?って勿体ない印象になってしまう可能性もあります。
髪型でカバーしてから考えてみるとか気になるならばまずは髪型で試してそれでも気になる、と思ってからでいいと思います。
有村架純さんだってエラが張っていたときから可愛かったのだから。

あと、有村架純さんはボトックスに頼るだけでなく髪型でも努力をしているように思います。
エラを隠したいときの髪型は、とにかくサイドの髪が顔にかかるようにすることです。
しかし両方のサイドの髪で顔を隠しすぎてしまうと暗い印象になってしまうので、自己判断だけでなく担当の美容師さんとよく相談しながら、小顔効果を最大限に引き出していくことだポイントです。
メイクの仕方も、小顔を意識する場合はちょうど髪で隠れている両サイドあたりに薄茶色のシャドーをいれるのも手です。
肌が白い人は目立ってしまわないように鏡で見てチェックしながら、ほんのり影ができる程度で抑えてください。
髪型やメイクでエラを隠す方法はまだあるので、次の投稿で書かせていただこうと思いますが、やはり私の場合はエラ削りの手術が最も適応だと思うんです。
エラをなるべく安く確実になくす方法を検討するために、有村架純さんの整形疑惑について調べ始めたので、エラ削り整形に限らず、安く確実にエラをなくす方法をご存じでしたら教えてくださいね。

###

オトガイ形成術はリスクの高い手術であることは、かなり知られています。

実際にオトガイ形成術をしたことで、そうしたリスクに直面してしまった人たちの体験談を要約し、列挙します。

「私は、オトガイ形成術をして以降、下口唇が絶えず下方に引っ張られる感覚があり、口元に力を入れないと、口を閉じることができなくなりました」

「私も口を自然に閉じることができず、下に引っ張られてる感覚が常にあるのでストレスです。オトガイ形成術をしてから数年が経ちましたが、修正手術を決断し、現在いろんな病院を回っています」

「オトガイ筋が通常の顎の位置で固定されなくて、おそらく何らかの理由で顎下周辺に癒着や付着してしまって、現在口が閉じにくくなってるんだと思われる」

「骨切りだと、そういう麻痺は頻繁に起きると形成外科の先生が言ってた」

「口を自然に閉じることができないのは、マジ苦痛以外の何物でもないよね…」

「私もオトガイ形成術をした後に口が閉じにくくなり、かなりのストレスだったし、悩んでばっかりだったから、その心境、とても分かるよ」

「私は骨切りをしたから、これからいうことは、あまり参考になるかはわからないけど、形成外科医に修正手術をしてもらいました。顎下に癒着したオトガイ筋を一度剥がして、通常の顎の位置まで持ち上げて、筋固定という手術をしたんだけど、修正手術後は、自然に口を閉じることができるようになったし、下の方に引っ張られるような感覚もなくなった」

「顎下の凹凹したくぼみも消えて、顎下にあった皮膚の緩みも、上に引っ張り上げたから、修正手術をする前よりも顎下がスッキリ!」

「全く私と同じの麻痺症状だね。口を自然に閉じれない。口が開いている顔は、腹話術の人形みたいになるし」

「下唇だけが開いてしまうので、口が開いていると、下の歯だけが丸見えで化け物状態。オトガイ形成術をしてかまだら2ヵ月なんだけど。形成外科病院で対応してくれるのかな。裏顎は肉が食い込んでしまい、顎先は鉛筆のごとく尖っています。我ながら恐ろしい顔になっちゃいました」

「輪郭を整形でいじると、こんなにも変な顔になるとは夢にも思わなかった」

「他の部位はそんなに尖った仕上がりになっていないんだけど、顎先だけが駒の芯のように尖ってるんですよ。異様ですよ、人の顎としてはあまりにも不自然で。私が髑髏だけになったら、駒としてクルクルと回れますよ」

「私もオトガイ形成術をした後に、口を閉じるのがしにくくなって、その上顎下が凹凹になりましたわ」

「私もSNGWでオトガイ形成術をしてからは、口を閉じれなくなり、おまけに下の歯茎が丸見えのヤバい状態になったわ」

「オトガイ形成術をしたことで、横から顔を見た時に、顎に段差のようなのができた。これって治らるのかな」

「自分は昨年、オトガイ形成術をしました。オトガイ形成術をする前は、噛み合わせさえ上手く治ればと思ってましたが、いざオトガイ形成術を終えてみると、やはり顎の長さが気になって仕方がありません。昔から顎が長い長いと、他人からからかわれてきたこともあってか、自分でも過剰?に顎に対し気になり出して、自分の写った鏡や写真を見る度に、落ち込んで絶望感に襲われる毎日です。担当医の先生やネットでは、5mm顎を短くしたとしても、実際にはあまり顎に変化がないといわれたり。現在も顎や口元に痺れがあるんですが、さらに修正手術をすれば、かなりの確率でもっと痺れが出るといわれ、修正手術をすることが決心できません。同じ悩みを持つ人にしかこの心境はわからないと思います。マジで苦しいです」

「私は下顎を奥に引っ込める手術をしましたが、私も手術前のオトガイと全く変わりがなくて、かなりのショックを受けてました。正面から見ても、横から見ても変わらないんですよ。その上、噛み合わせだけは変わっっちゃって。劇的な顔の変貌を期待していただけに、大きな苦しみとショックを味わっています。固定プレートの除去手術の時に、オトガイ形成術をするか迷っています。でも、あまり期待できそうもないですね。他人に顔を覗かれるが本当にイヤです」

△上記文章はユーザーの投稿です