受け口 顎 歯

受け口という言葉を聞いたことがあるでしょうか。通常、健康な方であれば、上顎が下顎よりも前にきているはずです。生まれながらにして、逆に咬合(咬みあわせ)されている状態をいいます。外見上、受け口は目立ちますし、食べ物を咬む時の咬み合わせが悪く、口腔的な病気に発展することも知られています。
今の時代、3歳児など子供の検診時にみつけられることも少なくありません。頻度としては検診を受けられた方の4-5%に受け口は見られます。
また受け口をそのまま放置することは良いことではありません。出来る限り早急に美容手術などの方法で矯正されることをおすすめします。中には放置されている方もおられますし、受け口は大人になってからでも矯正することはできます。骨の発達年齢を考えると、子供の頃に美容手術など適切な矯正をする方が良いと考えます。
受け口の治療には、手術によらないマウスピースを口腔内に挿入する方法や外科的な美容手術があります。その他、口腔外科的な手術もあるようです。
外科的な手術では、フェイスラインを整えるためにメスを使ったものになります。また受け口以外に顎関節症などの合併がある方が術後の仕上がりを期待される場合、美容手術よりも口腔外科の方が適切と考えます。
今の状態が、受け口のみで歯列矯正のみでいいのか一度考えてみてください。これから発達する子供に対して、骨の成長やより美しいフェイスラインなど外見的な仕上がりも期待されるでしょう。
美容整形や口腔外科などそれぞれの専門分野でできる限界もあります。それぞれの専門医師から詳しいお話を聞き、子供の将来にあった治療方法を考えてほしいと考えます。必ずしもメスを使った手術が適切とは限りません。まずは手術を考える前に歯並びのみの矯正から始めることもひとつの方法です。
さまざまな治療方法がありますが、必ずメリットやデメリットはあるものです。それぞれの治療方法を理解された上で、ご自分やお子さんにあった方法を選ばれることをおすすめします。

###

受け口の歯並びは歯の噛みあわせが不正咬合になっていることで起こるものです。正常な噛みあわせの人は上顎の前歯が下顎の前歯よりも少し前に出ており、上顎の前歯が下顎の前歯に少しかぶるようにして噛みあわせを構成しています。ところがなんらかの原因によって前歯の噛みあわせが逆になってしまい、いわゆる受け口の端ならびになってしまうというものです。
その原因にはさまざまなものが挙げられますが、多くの場合遺伝的な要素が原因だと思われているようですが、顎の成長期に顎に重大な影響を与えるような悪い癖が習慣になっていることなども噛みあわせの異常を起こす原因のひとつといわれています。
片側ばかりで噛む癖がついていたり、いつも同じ側に頬杖をつく癖があったり、口呼吸が習慣化しているなど、これらの習慣は何れもは顎の骨格をゆがめる原因になりえる行為です。
顎の骨格が歪むことで受け口になると、顎関節症にもなりやすいといわれています。重症化すると口をあけることさえ出来なくなるため、口腔外科などでマウスピースを作ってもらい顎の負担を軽減する治療が行われます。
歯並びを改善するためには歯列矯正の治療を受けるのが一般的です。治療には長い期間と高額な治療費が必要で、噛みあわせを正常に整えることは可能です。ただし、顎の大きさのバランスが悪くて下顎の方が異常に大きいために受け口になっているような場合には歯列矯正だけでは完全に受け口のフェイスラインを改善するのは困難です。そんなときには美容手術で下顎の骨の一部を切除する外科手術を受けることが効果的です。
歯列矯正のような長い治療期間が必要なく、噛みあわせを正常にするだけでなく、顎の大きさを調整したり、顎先を少し前に出してバランスをとるといったフェイスラインの修正を行うことができます。口元とバランスが整ってフェイスラインが綺麗になれば、顔の印象はぐんと変わり、悩みだった受け口による影響も心配なくなります。

###

受け口だと唇も影響を受けてしまい、重度の場合は正面から見ても分かりますし、軽度の場合は横から見れば分かります。受け口や追い口、歯列の乱れや顎の変形や突出は必ず口許に形となって現れるわけです。
特に唇に強く影響が出てしまうと、常にむっとしているように見えて話し相手を心配させてしまったり、笑おうとしているのにきちんと笑えなかったりと顔のラインの歪みと同時に口許の悩みは尽きません。
唇が突出したり変に曲がってしまうことにより化粧もし難くなりますし、口の横にしわが刻まれてしまうこともありますので化粧してすぎにファンデーションが崩れてしまうことも。
特に女性にとっては深刻な問題に違いありません。
こういった化粧や表情、美観の問題以外には健康の問題があります。
受け口だと噛み合わせに必ず影響が出ますので、口の端から涎が滲んだりということもあります。
これもメイクに影響がありますし、不衛生でもありますね。
また、発声や発音が綺麗にできなくなりますのでカラオケに行くのが詰まらなくなります。
他に受け口は噛み合わせにも影響が出ますので、咀嚼がきちんとできない結果として食べ物が大きなまま胃に運ばれてしまい負担をかけ内臓の疾患に繋がってしまったり、一部の歯だけ使うことにより摩耗が極端に進み歯自体が割れてしまったり折れてしまったり、神経が露出して痛んだりということもあります。
その他にも顎や歯の問題が顔の他部位に負担をかけ頭痛や肩こりの原因になりますし、顔に負担をかけることにより歪みが出ます。人間は一部に問題があると他部位を使って無意識に庇おうとしますのでこれは当然と言えるでしょう。
受け口は唇に影響して鏡を見る度に溜息をつきたくなる歪みを生じる、けれど問題はそれだけで済まないということです。
問題の根本である受け口そのものを解消する必要があります。
受け口の矯正には美容手術が有効です。
美容手術では顎の骨を削り、受け口の原因を作り出している顎や歯列自体を調整して治療します。
抜歯や骨の切断は行いません。痛みもなく日帰りで施術が可能です。
メインは顎や歯列ですが顔全体の歪みを専門医がケアしますので、重度の問題にもきちんと対応でき、すぐにお化粧やカラオケが楽しくなりますよ。

###

受け口は下の歯が上の歯よりも長くはえており、かみ合わせが悪く、横から見たらあごが出っ張っているように見えます。
受け口だと物を食べるとき上下の歯がかみ合っていないため、上手に物が食べられないし、前歯で物を噛み切ったりできない場合もあります。細かく噛み切れないため、あごがあまり発達しないし、無理に動かすのであごがずれたり、疲れたりします。
あごのづれから知らず知らずのうちに骨格もずれ、猫背のようになりあご、首に負担をかけることになります。
単に歯並びが悪く、見た目の問題にとどまらず、こうなってくると将来的に全身疾患につながる恐れがあるので、できれば歯の矯正治療をして治療しておきたいものです。
受け口になると歯が磨きづらくなるし、口の中の清潔が保てなくなります。歯の中に細菌がたくさん繁殖すれば、将来的に歯周病になったり、体の抵抗力が落ちたとき肺炎になったり、全身疾患につながる可能性があります。
またあごのずれから、体のずれ、そこからさまざまな不定愁訴が生じる可能性があります。肩がこったり、眼精疲労になったり、頭痛がするかもしれません。体調が不調だとイライラするし、自律神経の乱れから、うつ病や、精神疾患のようなものを患うこともあります。
そこで受け口の治療ですが、やはり歯の矯正が歯の神経、抜歯も必要最低限ですむので安心できます。ただ、健康保険が使えず、100万円以上治療費がかかる場合もあるのが難点です。さらに定期的にメンテナンスをせねばならず、根気が必要です。
受け口のように動かす歯の多い治療は、期間も1年程度もしくはそれ以上かかることもあります。矯正の器具を歯につけるため、歯磨きを念入りにする必要があります。
このような煩わしさがいやだといって、美容手術で治療するのは避けるべきです。神経を抜いて、大きく歯を削り、セラミックなどの差し歯を入れればすぐに歯並びは治せます。
しかし神経のない歯は寿命が短くなりがちで、将来的に折れたり、もろくなったり、トラブルが生まれるからです

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←受け口 顎 歯の関連ワード