受け口~顎と歯治療の問題点


受け口とは顎の骨の変形や突出、下歯列が突き出してしまうことにより口の下部がむっと突き出てしまっている状態です。
直接の原因は軽度、重度問わず骨や歯であることが多いのですが筋肉が事態を悪化させているケースもよく見受けられます。
どういうことかというと、骨の変形や歯列の影響で口下部が突出しますと、本来の形ではないわけですから噛んだりしゃべったりするだけで顔や首、肩、頭などに大きな負担がかかります。この負担が続くと筋肉が本来の使われ方とは違った使われ方をしたまま固まってしまい、受け口を悪化させるのです。
顎の骨や下歯列の問題はごく一部なのに負担が長年蓄積されてそれが筋肉に現れてしまうのです。
受け口の場合は噛み合わせにも影響が出ます。
歯列が上と下で噛み合わないのですからこれは当然のことです。
酷い場合は一本も合わないことがあり咀嚼に重大な影響を及ぼします。
咀嚼の問題は胃や食道の問題にも直結しますので、噛み合わせが悪いことでこれらの疾患を患うことはよくあるのです。
また、受け口ですと口角にも影響が出ます。
これは大きな問題です。
なぜなら、左の口角は上がり右の口角は下がる、反対に口角がどちらもぐにゃりと下がってしまう形になっていると顔の他部位だけでなく肩や首、頭の負担が甚大だからです。
口は見た目という問題もありますが、健康に影響を及ぼすという点では口腔内の歯列と同じです。
顔が明らかに歪んで見えますし、肩こりや頭痛を引き起こします。
鏡でチェックし口の端が左右極端に違っている場合はすぐに治療を受けるべきです。
こうした状態を改善するには美容手術が有効です。
美容手術では顎の骨を削ることによりこうしたトラブルに対処しますが、骨を削ると言っても僅かですし痛みはありません。
むしろ骨の変形や突出が原因であるならこうした処置の方が望ましいと言えるでしょう。
原因を取り除いてしまえば、後は残っている顔の歪みや口の端のトラブルを改善するだけです。全ての問題が繋がっているので大本を解決すれば後は専門医がきちんと顎や歯だけでなく調整を行いますので自然に解消されるでしょう。

###

受け口とは顎の骨の突出や下歯列が突き出してしまったことにより顔の下部が下唇と顎を中心として突出してしまっている状態です。
この状態ですと発声や発音にも問題が出ますし、重度の場合は口がきちんと開閉できず涎が伝ってしまったり無意識のうちに口がぽかんと開いてしまったりします。
また、口腔内や唾液の問題にも繋がります。
唾液は殺菌作用と栄養分解作用を持っていますが口をきちんと閉じることができず渇いてしまうと本来持っている力を発揮できません。
また、骨や歯列が突出しているわけですから口腔内ではきちんと歯を噛み合わせることができず、食べ物の咀嚼が不完全で喉を詰まらせたり胃に負担をかけたりします。これらは胃や食道の疾患に繋がります。
受け口の場合、口許が歪んでしまうせいでその歪みが顔の他部分に負担をかけ、結果的に更なる歪みを引き起こします。
美観の面でも受け口は大きな問題ですが、健康の面でも問題です。
急ぎ治療すべきです。
受け口の最新治療は、美容手術では顎の骨を削ることにより顎と歯を中心に顔全体を調整する治療法です。
一部を無理に矯正することにより後に他部位に違った問題が出てしまうこともあるのですが、この方法であれば施術範囲が顔全体に及ぶので後に問題になりそうな部分も一緒に調整し予防に努めることができます。
また、施術前に専門医の入念な診察があり、こちらも受け口の原因となっている部分だけでなく他問題部位を含めて指導や注意、施術してもらうことが可能です。
最新治療では施術範囲は顎そのもの、歯そのもの、受け口そのものではなく、受け口を中心に全体に及ぶのです。
また、この美容手術は日帰りで施術可能で痛みもありません。
傷痕が残るということもありませんし、外科手術のように顎の骨を切断したり歯を抜いたりといったことも行いません。
ですから抜歯や骨の切断に抵抗のある方でも安心です。
確かに顎の骨を削りはしますが、ほんの僅か調整に必要な程度です。
専門医が入念にチェックしながら施術をしますのでとても安心な方法です。

###

子供の成長を測る3歳児検診というのがあります。そのような検診で受け口が指摘されることがよくあります。受け口と指摘される頻度は5%程度だと言われていて、それほど多くはありません。
治療の中には、受け口を改善させる体操があるのをご存じでしょうか。正式な名前を【あいうべ体操】といいます。寝る前に舌を前に出す動作を習慣としていき改善を図ります。
重症度としては、軽症レベルのものを対象にすすめていきます。人の重症度には、さまざまなレベルがあります。また、合併症など重症度が複雑化するにつれて、美容手術なども治療方法として必要になっていきます。
受け口など顎周辺の状態が改善されると、口腔内に起こる病気や骨格のゆがみから起こる病気などさまざまな症状の改善もみられるでしょう。また外見上、顎周辺を矯正することで顔のゆがみは解消され、小顔になることも報告があります。
なぜなら、顎周辺や頭蓋骨のゆがみが原因で顔のむくみ、エラ張り、下ぶくれや二重あごなどがおこりうるからです。という理由から歪みを矯正することで無駄な脂肪や筋肉はつかなくなりシャープな小顔になることができます。また、顎関節症やめまいなどの症状も改善されたという意見もあります。
顔のゆがみは人目につきやすく、コンプレックスとなりやすいので、できるかぎり早めに治療されることをおすすめします。まずは自分個人から習慣として始められる体操レベルを考えていきます。継続して実施されてみて、実際に効果があまり感じられない場合もあるでしょう。その際には美容手術なども考慮に入れ、専門の医師へ相談するようにしてください。
矯正や美容手術の相場はおよそ30万円程度かかるようです。また手術後の咬みあわせがうまくできているのかをポイントにおいて確認してほしいものです。咬みあわせを無視した手術もでき、短期間で可能です。安さや短期治療というだけの言葉の裏にあるさまざまなリスクに目を向けることが必要です。外見だけではなく、術後の機能面を重視しましょう!

###

受け口は下の歯が上の歯よりも長く生えている状況で、見た目があまりよくありません。横から見るとあごが出っ張っているように見えます。
受け口は見た目が悪いという問題に加えて、機能的にもいろいろあります。上下の歯がかみ合っていないため、口から物を食べるとき良く噛み切ったり、咀嚼することができません。無理に噛み切ろうとすると、だんだんあごがずれてきてあごが疲れたり痛くなります。
受け口だと無理にあごを動かしたりすることで、ずれていき、あごの病気の1つが顎関節症になりがちです。
あごの付け根がかくかくいったり、あごがツルような感じがしたり、口があかなくなってしまう恐れもあります。また受け口は歯が磨きにくいため虫歯になりやすく、口の中が清潔に保つことができなくなります。すると将来的に歯周病になったり、肺炎を引き起こしたりします。肺炎は日本人の死因の上位を占めるため、警戒が必要です。
食事を良く食べずにのみこむと消化するのも大変で、胃腸に負担をかけることになり、これも将来的に病気になる要因となります。なので自分の歯並びが受け口状態なら、ぜひ治療をしておきたいものです。
受け口の治療には健康保険が使えないため100万以上かかる場合もあり、かなり高額になります。技術のいる治療となることもあるので、歯の矯正について詳しい歯医者さんへ行ったほうが得策です。
歯の矯正は器具を交換したり、ちょっとしたメンテナンスをする必要があり、熟知している歯医者さんのほうが的確に対応してくれます。長期間かかるため歯の矯正ではなく、美容手術で治療してもらおうとするのは避けるべきです。
きれいな歯、歯並びが短期間で手に入る分、歯の神経をぬき、歯を大きく削ってセラミックなどをいれる差し歯の治療はリスクがあるからです。歯の神経をぬくと歯の寿命は、短くなります。歯の根に膿がたまったり、歯茎が変色したり、折れやすくなったり、もろくなるからです

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←受け口~顎と歯治療の問題点の関連ワード