顎骨~しゃくれ矯正治療


動物は歯並びが良い印象があります。
犬や猫がしゃくれという印象はあまりありませんよね。
ですが、動物にもしゃくれは存在します。
しゃくれの原因は顎の骨の変形や発育不良、突出、歯並びです。これらが原因で顔の下部、下唇のあたりがむっと突出してしまっているのがしゃくれですが、犬や猫といった動物にも当然に顎の骨の発育不良はありますし、乳歯から大人の歯への生え変わりがうまくいかず歯並びに問題が出るケースもあります。歯や顎のトラブルで飼い犬や飼い猫を動物病院で診察してもらう飼い主は決して少なくないのです。
顎の骨の変形や発育不良は人間に飼われていない場合も有り得ることです。
しかし、人間に飼われている場合は顎の骨といった要因ももちろんしゃくれの原因の一つではあるのですが、他にも理由があります。
それは、人間の食べ物です。人間の食べ物が飼い犬や飼い猫のしゃくれの原因になってしまうというのです。
これは人間にもまったく同じことが言えます。
人間にとって食は決して欠かせないものです。
ですが、甘い物や柔らかいものばかり食べていると咀嚼をほとんどしないことから歯並びに影響が出ます。
また、顎の骨がきちんと発育しません。
これは犬や猫だけでなく人間もまったく同じなのです。
しゃくれは顎の骨の発育不良や歯並びが原因でもありますので、食生活が原因で顎や口許に歪みができてしまうのは大いにあり得ることです。この場合、一度出た歪みはもはや食生活の改善で自力矯正は難しく、改善のためにはきちんと治療を受ける必要があります。
しゃくれの治療には外科手術矯正と美容手術矯正の二つの方法があります。
外科手術矯正は抜歯や顎の骨の切断により空いたスペースを利用して顎や歯列を移動させる方法です。
施術のためには入院が必要ですが、保険を使うことができます。
美容手術矯正は顎の骨を僅かに削ることで顎や口を中心に顔全体の調整を行います。
こちらは日帰りでの施術が可能ですが保険の適用は原則的にありません。
どちらの治療法も効果的ですので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

###

しゃくれとは「顎変形症」という名前がついた立派な病気の一つです。しゃくれはあくまで通称のようなものであり、本来はガンや胃潰瘍といった私達が病気と聞いて思い浮かべるものと同列に語られるべきものなのです。
しゃくれの原因は主に顎の骨の変形や発育不良、突出、歯列の乱れなどです。横から見れば顔の下部、口のあたりが突き出しており病気ということを抜きにして美観を考えても早く治療したいと思うことでしょう。
健康の面でもしゃくれを放置することは望ましくありません。
顎や口の歪みは他部位に負担をかけるので歪みは他部分に波及します。
始めは口のあたりが歪んでいただけだったのに何時の間にか口角が左右で驚くほど変わっていたり、目許に引きつりがでたりといった不具合が出ることもあります。また、負担のかかる部分を他部位は無意識にかばいますので頭痛や肩こりの原因にもなります。
メガネをかけている場合は片方が浮き上がってしまうなどの問題も出てしまうでしょう。
また、ほとんどの場合は噛み合わせの問題もセットで出ていますので、胃に負担をかける原因にもなります。
では、このしゃくれはどうやって治療するべきなのでしょう。
しゃくれの根本的な原因は骨や歯ですので、大本の部分を矯正 整体で治療することは難しいです。
筋肉の凝りだけでしゃくれが起きているのであればそれこそ矯正 整体の出番ですが、筋肉の凝りだけで深刻なしゃくれを起こすことは稀です。ですので、矯正する場合は外科手術か美容手術を受けていただくことになります。
外科手術で治療する場合、顎の骨を切ったり抜歯したりといった方法で歯や顎を移動させることによって矯正を行います。
美容手術の場合は顎の骨を削り歯や顎を中心に顔全体を調整するという形で矯正を行います。
それぞれ高い効果があります。ですので施術の中身や費用、入院日数などの面で決めれば良いでしょう。
矯正 整体の出番は骨自体の治療が終わってからと言えます。
一度ついた癖はなかなか抜けません。
癖が抜けないということはまだ筋肉への負担があるということです。
ですから、術後のケアという意味で凝り固まった筋肉を解してあげることに矯正 整体の本分があるのです。

###

しゃくれとは顎の骨の変形や発育不良、突出、歯列の乱れなどの理由で口許から下唇周辺が歪んでしまっている状態をいいます。重度の場合は正面から見てもはっきりと分かりますし、横顔を見ると明らかにぐにゃりと突出してしまっています。また、軽度の場合も顎付近に隆起ができあがっていることが確認できます。
しゃくれはれっきとした病名のついた病気の一つです。しゃくれはあくまで通称で、病名は「顎変形症」といいます。ガンや盲腸と同列に語られる治療すべき病気なのです。
見た目の問題だろうと思われるかもしれません。
確かにしゃくれだと鏡を見ても溜息が出ますし、治ればどんなに素晴らしいかと切実に思うでしょう。
ですが、問題は美観だけでは済みません。病気なのです。
しゃくれだと歪みは顔や肩、頭にも及びます。
なぜかというと一部に歪みが出ると他部分が庇おうとしますので必然的に歪みは波及します。顎の歪みだけだったものが頬や目許の引きつりや歪みに繋がることはよくあるのです。そのせいで頭痛や肩こりが慢性化したり、筋肉が凝固してしゃくれを悪化させることもあるのです。
しゃくれですと当然ながら噛み合わせにも影響が出ますのできちんと食べ物の咀嚼ができず、結果、胃に負担をかけ疾患の原因になることもあります。外観の問題だけではなくこのような健康問題にも直結するのです。
加えて、外見、美観の問題としても、しゃくれだけが問題ではありません。
例えば髭も問題になるでしょう。
髭は顔の形に添って生えます。
ですから、特に顎や口許が歪んでいるとその通りに生えます。また、口許や顎部分に生えるわけですから髭剃りの際に非常に苦労することになります。顔が歪んでいると髭の手入れや生え方にも影響が出るわけですね。
ですが、こういった顔の歪みは治療によって矯正することが可能です。
美容手術によって顎の骨を削り、歯や顎を中心に顔全体を専門医に調整してもらうのです。
骨を削るといってもごく僅かですし痛みもありません。施術は日帰りですので予定を立てやすいです。
施術すれば現在の問題をすっきり治療でき、将来的な問題も予防することができます。

###

顔の骨も体のあらゆる場所の骨と同様に普段の生活の中で歪んでしまう可能性があります。自分でも気がつかないうちに骨がずれることでさまざまな影響が生まれ、骨気というのはその骨の位置を動かしていく美顔方法です。
骨そのものを動かすためにマッサージのような長い時間はかからず、手で骨を押すことで顔の骨を動かすというもので、治療の際にはかなり痛みを感じるという人もいます。
ただし、歯の噛みあわせのずれによって顔の骨格が歪んでいるような場合無理に骨気の施術を受けることで顔自体が変形する原因になることもあるので注意が必要です。
顎がしゃくれたように見える人の場合不正咬合で受け口の歯ならびになっていることが多く、まずはその噛み合わせそのものを改善することが先決です。
人は通常は上の前歯のほうが下の前歯よりも前に出ており、噛んだときに上の前歯が下の前歯に少しかぶるような形で噛みあわせを形成していますが、受け口の歯並びの人の場合上下の歯の噛みあわせが反対になっているため下顎が前にせり出したような形になりがちです。また受け口の歯並びの度合いによっては物が上手く噛めないことから胃や腸などに負担をかけていたり、発音が上手くできない音があって、話すときにおかしな発音になってしまうことに悩んでいる人もいます。そのような状態は骨を動かす骨気によって改善するものではありません。
噛みあわせの改善には歯列矯正による治療を受けるのが一般的です。噛みあわせを乱している歯並びを時間をかけて治療することで正常な状態に整えるという方法です。歯列矯正による治療は終了するまでにかなり長い期間を要することと、高額な治療費がかかります。そして、歯並びの改善には効果を発揮しますが、顎の形そのものを希望通りの形に修正するのは困難です。美容手術は下顎の骨の一部を外科手術によって切除するといった方法が行われ、一度の手術でも顎の形の修正にかなり効果が期待できます

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←顎骨~しゃくれ矯正治療の関連ワード