しゃくれ顎手術~矯正治療


しゃくれとは顎の骨の突出や変形、発育不良、歯列の乱れなどにより口のあたりがねじれたように見える状態です。
軽度のしゃくれはじっくり見ないとなかなか分からず単に歯並びが悪いように見えることがあります。ですが重度になると正面から見ても横から見ても明らかに顔の下部が歪んでいることが確認できます。
しゃくれだと見た目で悩むことはもちろん、顎や口許以外の部分にも負担がかかり頭痛や肩こりの原因になることがあります。
また、噛み合わせにもほとんどの場合影響が出ていますので胃に負担がかかることにより疾患の原因になることがあります。
見た目という面という点でも健康面という点でもなるべく早めに矯正するべきでしょう。
しゃくれの治療法には外科手術矯正と美容手術矯正の二つの方法があります。
歯並びが悪い場合はまずワイヤー治療が一般的ですが、しゃくれの場合は骨や歯自体が大幅に突出しているためワイヤーではまず治りません。ですので、外科手術の場合は抜歯を行いスペースを作って歯列を移動させたり、顎の骨の一部を切断し顎自体を引っ込める形で移動させるという方法をとります。
美容手術の場合は抜歯や顎の骨の切断は行わず顎の骨を削り口や顎を中心に顔全体を調整する方法で行います。
どちらの方法も効果的ですので後は自分に合った方法かどうかや施術の中身、費用の面で決めましょう。
他の特徴としては、外科手術による矯正は入院が必要になることや傷が残る可能性があることが挙げられます。
美容手術による矯正は顔全体を総合的に調整可能である点と施術が日帰りである点が挙げられます。
基本的にしゃくれの治療にはごく軽度でありかつ審美目的とはっきりしている場合でなければ保険が適用されます。
しゃくれは放置すれば重大な健康問題に直結するので当然に健康保険の範囲とされているわけです。
また、噛み合わせの問題とも繋がっているためどうしても矯正が必要な場合もありますので、そういった場合も適用されることになります。
ただし、口腔外科や矯正歯科などで治療した場合は保険の対象になりますが美容外科で治療した場合は保険適用外となります。
施術を受ける前に適用されるかどうか確認するのが良いでしょう。

###

しゃくれとは顎の骨の変形や突出、歯列の歪みによりおこるものです。
また、これらが原因で筋肉に癖や凝固が生まれてしゃくれ状態を悪化させている場合もあります。
しゃくれの場合は目に見える部分を治療するのではなく、原因そのものを取り除いた上で既に出てしまっている歪みをケアすることが必要になります。
どういうことかというと、骨が大本の原因で筋肉の凝固が起きてしゃくれてしまっているという場合はその大本の骨部分を調整することが必要だということです。その上で筋肉を解してあげれば容易に解決することが可能です。
では、その方法とはどんなものがあるでしょうか?
病院でのしゃくれ治療には外科手術と美容手術の二つの方法があります。
外科手術は顎の骨の根元を切断したり歯を一本ないしは数本抜くことによってスペースを利用し顎や歯列自体を動かして歪んでしまっている部分を正常に戻す方法です。
この方法も確かに非常に効果的ではありますが、施術部分が問題の根本のみとなっているため他に既に出ている歪みにはほとんど処置は行わず、傷が残る可能性があることと歯や顎を動かしたことにより暫く鈍痛が続くというマイナス点があります。
施術の際にも最低三日から十日の入院が必要になるためお勤めの方にはなかなか難しいでしょう。
対して美容手術は痛みもありませんし入院の必要もありません。基本的に施術は日帰りになります。
美容手術の方は顎の骨を削ることにより顎から口許、顔全般を調整します。こちらの方法は総合的な施術になりますのでしゃくれの原因を取り除くだけでなく既に出てしまった歪みを取ることも可能です。
ただしこちらにも一点だけ気をつけなければならないことがあります。
施術前に歯茎にダメージがあると施術が難しくなります。
施術自体は可能なのですが術後に歪みが残ってしまうのです。
歯茎の様子は他部位と一緒に術前に確認しますので、ダメージがある場合は先に専門医の指導で治療することになりますので、そのまま施術されてしまうということはありません。

###

しゃくれとは顎の骨の突出や変形、歯列が突き出すことによって顔に歪みができてしまっている状態です。
顔を横から見ると顔の下部、口のあたりが突出しているのがはっきり分かると思います。
しゃくれ状態ですと顔の各部位や筋肉に負担がかかり、結果、歪みを悪化させます。どうしても歪みのある部分を他の部位がかばおうとしますので、それによって負担がかかり凝り固まった筋肉が歪みを助長するのです。
こういった場合に筋肉の凝りだけ解すことで治療しようとすると、原因が取り除かれていないわけですからまたすぐに同じ状態に戻ってしまいます。
矯正のためには根っこの部分を治療しなければ意味がないのです。
他にしゃくれですと噛み合わせが悪いせいで歯の摩耗が進んだりひび割れてしまったり、神経が露出してしまったりということもあります。また、頭痛や肩こりの原因にもなりますし、自分ではきちんと咀嚼していると思っていても咀嚼が不完全で食べ物が大きなまま胃に送られてしまい疾患の原因になることもあります。
このしゃくれですが、見た目や顎の骨、歯並びの問題と片付けられることが多いです。
ですが、きちんと病名がついた治療すべき立派な病気の一つとされています。
正式な病名はしゃくれではなく「顎変形症」です。
ガンや盲腸と同じもの、病気です。
このことをきちんと頭に入れてください。
単なる歯並びや顎の骨の問題で片付けずきちんと治療を受けてください。
しゃくれはあくまで通称のようなものなのです。
治療法としては、大本の問題である顎の骨や歯列をきちんと矯正する必要があります。
外科手術では抜歯や顎の骨の切断により歯列や顎の移動を行うことにより矯正し、美容手術では顎の骨を削ることにより顔全体の調整という形で矯正をします。どちらも効果的ではありますが、入院が必要かどうかや具体的な施術内容に違いがあります。
また、美容手術では保険の適用範囲外ですが、外科手術では病名のある立派な病気として保険が適用されます。

###

顎がしゃくれた特徴的なフェイスラインになる原因は受け口の歯並びによることが多いのですが、この受け口になる原因はさまざまです。骨格が生まれつき遺伝的な要素によってしゃくれたような顎の形になってしまう人もいますが、顎が成長する過程でその時期に本人が気がつかないうちに繰り返しているくせによって、かみ合わせに異常を生じさせるような骨格のゆがみを生んでいることもあります。
受け口の歯並びと言うのは上の前歯のほうが下の前歯よりも後退した状態になった噛み合わせです。その程度は人によってさまざまですが、正常な噛みあわせのように前歯できちんと物を噛むことができなかったり、噛みあわせのバランスが悪い状態で長年顎に負担をかけ続けることで、顎関節にも影響を与え、その結果口を大きくあけることができなくなったり、顎を動かすときにかくかくと異音がしたりする顎関節症になることもあります。
さらに受け口の噛み合わせをそのまま放置すると、咀嚼能力が劣ってしまうことで消化器官に負担をかけることになったり、噛みあわせの悪さから話すときに発音がしづらくなったりする人もいます。外見的なしゃくれた顎の悩みは大きく、健康上も外見的な美容面でも本人にとっては大きなコンプレックスとなります。
そんなしゃくれた顎を改善するためには歯列矯正の治療が行われるのが一般的です。歯列矯正の治療は歯を一本ずつゆっくりと時間をかけて動かして歯列を整えて噛みあわせを改善するという方法のため、治療が終了するまでに長い期間が必要です。
けれども歯列矯正による治療だけでは顎の形そのものの悩みを完全に解決するのは困難です。顎の形を整えるためには美容手術で下顎の骨の一部を取り除くといった外科手術を受けることが効果的です。口の中から切開して手術が行われるため傷跡が残る心配もなく、歯列矯正よりもはるかに短い期間で治療ができるところと、顎の形などの繊細な修正が可能なところが魅力です

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←しゃくれ顎手術~矯正治療の関連ワード