エラ骨削りは韓国より日本の医師のほうが上手


■エラ解消の整形手術
・骨に起因するエラを解消する整形手術
骨(下顎角骨)が横に張り出しているエラの場合は、最もベストな整形手術がエラ骨削りになります。
口腔内からの切開アプローチにより、エラ骨(下顎角骨)を削るので、確実なエラ解消効果があり、エラ張りの再発がありません。
エラ骨削りは、輪郭形成術において顎骨削りに次いで多い手術になっています。
・筋肉に起因するエラを解消する整形手術
咬筋と呼ばれる筋肉が肥大することで、エラが張っているように目立っています。
咬筋を切除する治療方もありますが、切除するだけならば、治療メリットはほとんどありません。
それというのも、注射だけで簡単にエラを委縮させ、ほっそりとさせることができるからです。
■エラ骨削り
口腔内からの切開アプローチなので、周囲の人たちに整形手術をしたとバレることなく、小顔を実現することができます。
しかし、術野と呼ばれる視野が極めて狭いという口腔内からの切開アプローチは、医者の手際の良さや繊細さが高度に求められる手術です。
エラ骨を削るのは、若干の左右差や、削り過ぎによる骨の陥没が生じても、修正はかなり困難を極めるので、医師選びについては、他の整形手術よりもさらに慎重にしなければなりません。
エラ骨削りの具体的な手術手順としては以下になります。

下側の奥の歯茎に約3㎝の切開を加え、そこから骨に向かい、アプローチしていきます。
骨には、骨膜といって骨を覆っている薄い膜があるのですが、エラ周辺の骨膜を剥がし、エラ(下顎角骨)を露出させます(医学用語で骨膜剥離という)。
エラ骨削りで重要なのは3㎝という非常に狭い範囲からエラを削るので、しっかりとした視野、術野の確保です。
エラ骨(下顎角骨)の先端が見えたら、下顎骨の最もぶ厚い部分を丁寧に削り、薄くしていきます。
エラ骨削りで重要なのは、横に広がったエラ骨なのか、奥行きの長いエラ骨なのか?
もしくは、その両方なのか、そのタイプによって、エラ骨を削る方法が異なってきます。
切離には、医療用ノミを使います。
ゆえに、医師の技術が要求されます。
未熟な医師や粗雑な医師だと、エラ骨の左右の切り取り方に差が生じたり、術後の左右差等の失敗を引き起こします。
ノミで切り落とした骨片を取り出し、周囲を丁寧に削っては、仕上げていきます。

###

質問:
卵形の瓜実顔に憧れています。
頬骨とエラがでているので目立たなくしないです。
しかし、ダウンタイムや費用の面から骨削りはちょっとする勇気がありません。
骨削り以外に目立たなくする方法あはありますか?
回答:
ヒアルロン酸やボトックス注射などを試す方もいますが、効果は持続せずまた”気持ち変わる程度”なので根本的な解決にはなりません。
やはり一番いい方法は骨削りでしょう。
頬骨とエラ骨はバランスをとっています。
仮に頬が小さいとあごが大きく見えます。
どちらをどの程度削ればいいかは、医師の美的センスとさじ加減です。
繊細な技術と正しい知識と美的感性、更に営利主義に走らない良心的な医師を探す必要があります。

###

質問:
韓国で頬骨、エラ整形を考えています。
ID病院、BKトンヤン病院が有名ですけど、ほかにいいところありますか?
韓国整形経験者の方の意見もお聞きしたいです。
回答:
私の友人で美容整形を何度もうけている子がいます。
その子が半年ほど前に、ID美容外科で、セットバックと顎のVラインの手術と、目頭切開と平行二重の手術を一度にやってきました。
ほぼ同じ手術を私も日本国内でやってるのですが、彼女の顎は本当にガッツリ削った感じで、セットバックも上下して歯ぐきも切ってもらって中顔面も短くて、元の大きさの3分の2くらいの小顔になってるし半年経って、見違えるほどです。
逆三角形の輪郭になってしまっていて、あからさまに「整形しました!」という顔になってしまったのですが、彼女はそれで満足そうです。
私はナチュラルで自然な変化がよかったので国内での手術で十分満足しています。
ガッツリ変わりたい人は韓国での手術がいいのかと思います。
彼女はこの夏休みに、また、鼻のフルコースの手術と涙袋、それとおでことかに脂肪注入の美容整形に行くみたいなことを言っていました。
軽く整形依存症ですよね。。
韓国では神経がほとんど見えてる状態まで骨切りして効果出すのが主流みたいなので、リスクも大きいとは思います。
現に、彼女は固い物が食べられなくなりました。
舌が上手く回らないらしく滑舌も少しおかしいです。

###

質問:
エラ骨削りと頬骨削りに興味があります。
ひどい輪郭なので劇的に変化できる美容外科でやりたいです。
日本より韓国の方が劇的変化している症例写真が多いですよね?
やはり韓国のほうがたくさんけずってくれるのでしょうか?
回答:
韓国在住です。
たしかに劇的な変化を望むなら韓国のほうがガッツリ削ってくれます。
しかし、その代わり失敗例や事故もとても多いので要注意です。
韓国のある駅は美容外科のビフォアーアフターの驚くべき写真が山ほど広告であります。
雑誌の裏も美容外科の広告でいっぱいです。
日本だと危険だからあまり削ってもらえないと思いますよ。
だから事故も少ないんですが。
リスクはありますが、韓国でガッツリ削るが日本で安全だけど控えめに削るか。
ご自身で判断してください。