オトガイ形成術と固定プレート除去手術の体験談

オトガイ形成術と骨を固定していたプレートの除去手術を一緒にしました。

オトガイ形成術は、顎先を6ミリ前方へ出しました。

■オトガイ形成術

神経に近い部分のオトガイを切るので、高い確率で顔面に痺れや麻痺が残ると言われました。
これまでに噛み合わせ異常だけでなく、外見的にも

  • 口が閉じにくい
  • 口を強引に閉じると、オトガイに梅干し状のシワができる
  • 横顔に顎がない

といった症状で悩んできたので、オトガイ形成術をやらない選択肢よりも、やる選択肢が勝るから、前述の3点が改善するのを期待し、前向きにオトガイ形成術を受けた次第です。

担当医によると、オトガイ形成術は審美的要素が高い手術であり、大学病院ではそうした審美的要素よりも、機能的要素に基き、正しい噛み合わせを実現するために治療しているので、容姿や外見が気にくわないから手術したいという要望では、オトガイ形成術をしていないとのことでした。

私の場合は、後退した下顎の上、口が閉じにくいという問題があったから、固定プレートの除去と同時にオトガイ形成術も一緒にすることになりました。

■オトガイ形成術前の検査と準備

オトガイ形成術に備え、準備をしました。

オトガイ形成術前の自己血はありませんでしたし、矯正もリテーナーになっているので、ワイヤーの取替えりもなく、随分と楽でした。

今回のオトガイ形成術は、予定では10日間の入院期間です。

オトガイ形成術の前日に入院し、入院初日はオトガイ形成術についてのオリエンテーションや、薬の確認、等々でした。

■オトガイ形成術当日

オトガイ形成術を目前に控え、やっぱり怖いという心境です。

7時:点滴用シールを手の甲に貼り、トイレを済ました後に手術着に着替えました。

9時前:オトガイ形成術は、全身麻酔の大手術ということで、立ち会いのために家族が来院してくれました。

ついにいよいよ、自分の足で、家族と共に手術室まで行きました。

手術室の手前からは1人で手術室に入りました。

そしてあの噂には聞いていた全身麻酔で、あっという間に夢の中~!

気が付くと、9時から15時にワープしていました。

私は、手術室で目が覚めました。

何となく口の中をいじられているのはわかりましたが、どうやら仮歯が取れてしまったようでした。

まだ私は、意識朦朧としていて、オトガイ形成術後の痛みもあり、その上なんか口の中をいじられているし・・まさか!

「ちょ、ちょ、ちょっと、まだこれってオトガイ形成術が終わってないんじゃない?」

というようなアホな錯覚を覚え、独りで恐怖と格闘していました。

もちろん現実は、そんなアホな錯覚通りではなく、「大丈夫です、ちゃんと終わってます!」でした。

オトガイ形成術の後は、病室へ移動、私の目が覚めた姿を見て、家族も安心し、帰宅しました。

さて、ここからが最もつらい時間の始まりです。

オトガイ形成術当日だけは、一般病室とは異なる病室で一晩を過ごします。

ナースステーションのすぐ隣にある病室で、何かあれば、すぐに看護婦さんが飛んで来てくれるようになっています。

恒例の、まずは自分の身体に装着されている機器等を確認しました。

■オトガイ形成術の後

鼻チューブと輸血用の点滴が、以前にやった整形手術と異なり、今回のオトガイ形成術では、手術後に着けられる機器としては、装着していませんでした。

また、口の中に入れる血抜き用チューブもありませんでした。

でも、血や涎がどんどん出くるので、吸引機を使って吸い取っていきました。

長時間に渡る同じ姿勢はしんどい、という経験から、50cm四方のクッションを持参ました!

かなりでかいクッションなので、オトガイ形成術直後に病室まで持って来るよう、家族にあらかじめ頼んでおきました。

このでかいクッションの持参が大正解!

この持参したクッションでもしんどかったことには違いありませんが、以前入院した時よりも、大分しんどさが緩和されました。

本当にオススメです。

こんなでかいクッションは、なんか病院側から言われるかなー、なんて考えていましたが、特に何もお咎めの言葉は言われませんでした。

まあ、仮に言われたとしても、でかいクッションは何がなんでも持ち込むんですけどね。

それにしても、前回入院した時のつらさを考えただけでも恐ろしい。

この後はなるべく、目覚めてからは寝ないようにしました(夜に寝られなくなるのを防ぐ目的で)。

でもこれは、思った程の効果はなくて、夜はやはり寝られませんでした。

それでも前回の入院に比べると、多少は楽になりました。

この時は、鏡も見ることができず、自分の顎がどんな感じになっているのか、全然分からなかったのですが、手で触りながら「おお、なんか顎がある!」と感触を確かめ、ワクワクしていたら、次第に熱と痛みが出てきたので、座薬を入れられました。

それからはもう、この日は全然ワクワクしませんでした。

△上記文章はユーザーの投稿です