オトガイ形成術’

オトガイ形成術と骨を固定していたプレートの除去手術を一緒にしました。

オトガイ形成術は、顎先を6ミリ前方へ出しました。

■オトガイ形成術

神経に近い部分のオトガイを切るので、高い確率で顔面に痺れや麻痺が残ると言われました。
これまでに噛み合わせ異常だけでなく、外見的にも

口が閉じにくい
口を強引に閉じると、オトガイに梅干し状のシワができる
横顔に顎がない

といった症状で悩んできたので、オトガイ形成術をやらない選択肢よりも、やる選択肢が勝るから、前述の3点が改善するのを期待し、前向きにオトガイ形成術を受けた次第です。

担当医によると、オトガイ形成術は審美的要素が高い手術であり、大学病院ではそうした審美的要素よりも、機能的要素に基き、正しい噛み合わせを実現するために治療しているので、容姿や外見が気にくわないから手術したいという要望では、オトガイ形成術をしていないとのことでした。

私の場合は、後退した下顎の上、口が閉じにくいという問題があったから、固定プレートの除去と同時にオトガイ形成術も一緒にすることになりました。

■オトガイ形成術前の検査と準備

オトガイ形成術に備え、準備をしました。

オトガイ形成術前の自己血はありませんでしたし、矯正もリテーナーになっているので、ワイヤーの取替えりもなく、随分と楽でした。

今回のオトガイ形成術は、予定では10日間の入院期間です。

オトガイ形成術の前日に入院し、入院初日はオトガイ形成術についてのオリエンテーションや、薬の確認、等々でした。

■オトガイ形成術当日

オトガイ形成術を目前に控え、やっぱり怖いという心境です。

7時:点滴用シールを手の甲に貼り、トイレを済ました後に手術着に着替えました。

9時前:オトガイ形成術は、全身麻酔の大手術ということで、立ち会いのために家族が来院してくれました。

ついにいよいよ、自分の足で、家族と共に手術室まで行きました。

手術室の手前からは1人で手術室に入りました。

そしてあの噂には聞いていた全身麻酔で、あっという間に夢の中~!

気が付くと、9時から15時にワープしていました。

私は、手術室で目が覚めました。

何となく口の中をいじられているのはわかりましたが、どうやら仮歯が取れてしまったようでした。

まだ私は、意識朦朧としていて、オトガイ形成術後の痛みもあり、その上なんか口の中をいじられているし・・まさか!

「ちょ、ちょ、ちょっと、まだこれってオトガイ形成術が終わってないんじゃない?」

というようなアホな錯覚を覚え、独りで恐怖と格闘していました。

もちろん現実は、そんなアホな錯覚通りではなく、「大丈夫です、ちゃんと終わってます!」でした。

オトガイ形成術の後は、病室へ移動、私の目が覚めた姿を見て、家族も安心し、帰宅しました。

さて、ここからが最もつらい時間の始まりです。

オトガイ形成術当日だけは、一般病室とは異なる病室で一晩を過ごします。

ナースステーションのすぐ隣にある病室で、何かあれば、すぐに看護婦さんが飛んで来てくれるようになっています。

恒例の、まずは自分の身体に装着されている機器等を確認しました。

■オトガイ形成術の後

鼻チューブと輸血用の点滴が、以前にやった整形手術と異なり、今回のオトガイ形成術では、手術後に着けられる機器としては、装着していませんでした。

また、口の中に入れる血抜き用チューブもありませんでした。

でも、血や涎がどんどん出くるので、吸引機を使って吸い取っていきました。

長時間に渡る同じ姿勢はしんどい、という経験から、50cm四方のクッションを持参ました!

かなりでかいクッションなので、オトガイ形成術直後に病室まで持って来るよう、家族にあらかじめ頼んでおきました。

このでかいクッションの持参が大正解!

この持参したクッションでもしんどかったことには違いありませんが、以前入院した時よりも、大分しんどさが緩和されました。

本当にオススメです。

こんなでかいクッションは、なんか病院側から言われるかなー、なんて考えていましたが、特に何もお咎めの言葉は言われませんでした。

まあ、仮に言われたとしても、でかいクッションは何がなんでも持ち込むんですけどね。

それにしても、前回入院した時のつらさを考えただけでも恐ろしい。

この後はなるべく、目覚めてからは寝ないようにしました(夜に寝られなくなるのを防ぐ目的で)。

でもこれは、思った程の効果はなくて、夜はやはり寝られませんでした。

それでも前回の入院に比べると、多少は楽になりました。

この時は、鏡も見ることができず、自分の顎がどんな感じになっているのか、全然分からなかったのですが、手で触りながら「おお、なんか顎がある!」と感触を確かめ、ワクワクしていたら、次第に熱と痛みが出てきたので、座薬を入れられました。

それからはもう、この日は全然ワクワクしませんでした。

###

韓国でエラ削り手術を受けようと思っています。
なんといっても費用が安いのが魅力です。
そこで韓国で整形を受ける前に知っておきたい費用と注意点をまとめてみました。
韓国は整形大国と呼ばれるほど、技術レベルも高く費用も安いと言われています。
韓国で整形したときの一般的な費用の相場も調べてみました。

<韓国は日本と比べ整形費用が安い>
日本人と韓国人を比べると、韓国人の方が整形に対し前向きと言われています。
韓国では多くの方が整形をしているので、相対的に整形のレベルが高いそうです。
さらに、日本に比べ物価水準が低いので、費用も安価であることが多いんですって。
やはり、韓国での整形は魅力的ということができそうです。

<日本の3分の2の費用で整形ができる>
韓国で整形した場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか。
例えば、日本でも人気な目の整形、埋没法(まいぼつほう)を、私の妹が韓国でやったのですが10万円以下ですんだそうです。
仕上がりがアイプチしたみたいないい感じでした。
また、このような日本で身近な整形は、日本の3分の2程度の費用で行えることが多いんですって。

<日本では高額な小顔整形も韓国だと割安>
また、日本ではまだまだ高額な費用の頬骨削りやエラ削りは100万円以下でできると言われています。
日本では100万円以上の費用がかかるクリニックが多いため、これらに関しても、費用面ではメリットがあるといえそうです。

<中々手が出せない豊胸手術も安い>
女性特有の悩みのひとつの豊胸は費用も高いイメージがないでしょうか。
韓国でシリコンバッグを挿入する豊胸術を受けた場合、費用は40万円程度であることが多いようです。
症例数が多いクリニックなどで、安価に施術を受けられると考えれば、やはり魅力的な選択肢ですよね。

妹は留学で韓国に半年いっているうちに整形をうけたそうです。
成功したからよかったですが、失敗例も多いんだとか。
韓国での手術は魅力が多いけど、よく調べてから行った方がいいよ、と言われました。

###

上顎は『ルフォーⅠ型』、右下顎は枝矢状分割術、左下顎は垂直骨切り術の上下顎手術をしました。

★上下顎手術
11時半頃に手術室へ。16時半頃に手術室を出たとのことです。口には酸素マスクをしつつ、2本の血抜き用チューブが出ていました。手術室から出てきた時の私の姿が、あまりにも不憫に見えたようで、実母と義母は泣いていたとのことです。術後は、処置室に一晩いました。
目が覚めてからは頭痛と気分の悪さ、そして息苦しさとの戦いでした。痛み止めの注射を1回打ってもらいました。吸引も数分おきにしていたにもかかわらず、2回嘔吐しました。横になっているせいもあって、血液が胃に流入してしまうことで、気持ちが悪くなるとのことです。後ほどに嘔吐したものは、ドロっとした血液が混じっていて、かなりビビリました。私の場合は、出血が250mlくらいありました。自己血は、400ml分だけを体内に戻しました。意識が戻ると、足から血液が輸血されていました。

★手術翌日・顎間固定
手術翌日の朝は8時くらいにベッドから起き、尿管を外しましたが、その時は特に痛みはなかったです。その後、顎間固定を行うために外来に行ったのですが、ここからが大変でした。
あるWEBサイトで紹介されていた顎間固定は、フックに固定ワイヤーを絡め固定していたので私もそうなるものと思い込んでいました。しかし実際には、下は下の歯茎(左右の2番と3番の中間位置)にボルトで固定し、上は小鼻の脇周辺の、担当医の先生がいう「切っていない骨」に引っ掛けて固定しました。それは、上下の顎で固定するという感じでした。言葉では表せないくらいの激痛があり、恥ずかしながら大泣きしました。

★抜糸・顎間固定の解除
抜糸も顎間固定の解除も痛みを覚悟しましたが、顎間固定の時に比べると、全然平気でした。顎間固定の解除は、一瞬涙が出た程度です。ワイヤーを「ズボッ、グググ…」と抜いた時は、かなり怖かったです。

★鼻チューブの装着・食事
覚悟していた鼻チューブの装着。私の病院では、鼻チューブの装着をしませんでした!なので手術翌日の昼からは流動食を口に流し込み飲むことができました。

流動食の中身は、

粒をなくし、ドロドロ状にしたご飯
具のない汁だけの味噌汁(昼食のみコーンスープ)

が常に3食出され、他には乳飲料や牛乳、ゼリー飲料等が3種類出されました。入院した毎日は、それらに飽きることもなく、美味しく飲みました。

★顔の腫れ・痺れ・鼻の形状
担当医の先生が言うに、顔の腫れはない方だとのことでしたが、自分ではかなり腫れていたように見えました。「満腹太郎」ってわかりますかね?正にあのような感じに顔が腫れていました。
手術から5日目程で、少~しづつ顔の腫れが引いていく感じになりました。現在も左頬に腫れがあり、外出時はマスクをして、顔の腫れを隠しています。
痺れは顔の左側に残り、頬から上唇にかけての箇所がピリピリします。2、3ヵ月も経過すれば、痺れも落ち着くのではないかと担当医の先生からは言われています。
鼻の形状については、私が見る限りは特に変化はありません。主人は鼻の形状が良くなったんじゃないかなと言っていますが…。

★周囲の家族・友人の反応
家族は、私を見て小顔になった、丸顔になった、と言っています。友人連中は私を見て、私じゃないみたいって言ってました(笑)。

★その他の事項
術前の浣腸・下剤服用はありませんでした。T字帯の着用指示もなく、パンツの着用がOKでした。女性としてパンツの着用はかなりうれしかったです。

★感想
術後は、「ここまでする必要があったのかな?」と意識朦朧の苦しい中で少し思ったのですが、翌日からは顎の痛みも苦しさもほぼなくなり、その思いはいつしかなくなりました。手術をしたことで特に感激したのは、噛み合わせが改善されたことと横顔の見栄え!術後に初めてデジカメで横顔を撮影し、デジカメのモニターでそれを確認した時は感激ものでした。前歯で物を噛み切れることができて、それもうれしくてたまりません!

△上記文章はユーザーの投稿です