オトガイ形成術の保険適用について

オトガイ形成術とは、前方に突出しているオトガイや、長くしゃくれているオトガイを、患者の希望に沿って後方にオトガイを引っ込めて目立たなくしたり、オトガイを短くし、しゃくれを目立たなくしたりする形成手術をさします。

噛み合わせ障害改善の目的で、オトガイ形成術の前に矯正をすることが多いようです。

ただし、顎変形症でも噛み合わせで特に問題のない場合、また、顎変形症に起因すると思われる睡眠時無呼吸症状がある場合等に対しては、術前矯正をすることなく、オトガイ形成術のみでする場合もあります。

オトガイ形成術は、審美的側面の強い手術で、機能障害に問題がなければ、施術の可否は患者の希望に沿えられる形で決められます。

もちろん、オトガイ形成術をすべきとの判断が下されば、施術します。

なお、オトガイ形成術は保険適応の手術ですので、認可・指定されている医療機関であれば、自己負担額が軽く済みます。

オトガイ形成術での保険適応可能な医療機関とは、育成更生医療指定機関と顎口腔機能診断施設になります。

以前はオトガイ形成術は、保険適応がされていなかったので、かなりの高額な手術費用が負担としてのしかかっていました。

先天性疾患に起因する外科矯正の場合は、認定医療機関での保険適応が可能でしたが、矯正治療は自費診療の扱いとなっていました。

しかし、最近では、認定された矯正専門病院(顎機能診断施設・指定自立支援医療機関)や、限定された医療機関での保険適応が可能になりました。

こうした制度の改正により、オトガイ形成術を受けたくても、保険適用がされずに、高額な自費診療扱いでオトガイ形成術になかなか踏み切れなかった方々も、現在ではオトガイ形成術を受けやすくなったことと思われます。

オトガイ形成術の費用は病院や診療科によっても違い、治療期間や方法、入院期間などによって変わってきます。ご注意ください。

完全に美容目的で保険診療を扱わない美容外科クリニック等、保険適用外の医療機関においてオトガイ形成術をすると、施術費用が100万円を超える場合もありますので、保険適用が可能な病院か、また保険適用が可能な病院でも、確実に適用されるのかを予め確認した方が良いでしょう。

△上記文章はユーザー個々の投稿です