下顎後退症 しゃくれ オトガイ形成

下顎後退症を治すためにオトガイ形成をした人もいれば、これからオトガイ形成をしようと考えている人もいます。

ここではそうした下顎後退症とオトガイ形成にまつわる声をまとめてみました。

「下顎後退症の人は、オトガイ形成術はあまり期待しない方がいいと思う」

「下顎だけの手術で出っ歯を治した場合、上顎は矯正のみで下げるので、上下顎手術に比べて、鼻の下が長くなるのではないか、という不安があります」

「個人差があると思うけど、術前矯正は大抵しゃくれは、さらにしゃくれる方に矯正するからなあ。外科手術をするかしないかで矯正の向きが逆になるんだよなあ」

「下顎後退症で、今まで小さく後退していた下顎骨が前面に突出することによって、上下顎を覆ってる皮膚に余裕がなくなって、上顎の皮膚、すなわち鼻の下が伸びてくるんじゃないかな」

「骨格的に口元を後退させ、上顎骨を短くしたことにより、口腔内の空間変化があっても、表面(鼻の下)の皮膚の長さは変化がないから、口腔内を治すことによって、余計に表面(鼻の下)が弛んでみえるんじゃないかな」

「噛み合わせや歯並びが生活に支障をきたしている状態ではない限り、審美的な外科手術に保険を適用させるというのは、難しいかもしれないですね」

「私はアン●ールズ・●根くらいに顎がない下顎後退症だったけど、オトガイ形成はやるべきじゃなかったと少し後悔してる。1回目のオトガイ形成だけで十分だった。オトガイ形成をしたら、目に見えて顔が面長になったよ。参考までに言っておきます」

「オトガイ形成をしたはずなのに、うつ伏せ寝のせいで、オトガイ形成をしてから2ヵ月後に、噛み合わせが崩れた上に、オトガイが思った程改善されていない」

「オトガイ形成って顎変形症と診断されないと、保険適用は無理でしょう。顎変形症に対応可能な病院に無料カウンセリングで行くべきです」

「顎変形症で上顎骨の歯2本を抜き、奥に上顎骨を下げるというオトガイ形成をしたんだけど、周囲の友人・知人からは相変わらず顎なしと言われるわ、噛み合わせもしっかりと治ってないわ。オトガイ形成をして、満足のいく仕上がりになった人って居るのかね?」

「上顎骨の歯を上顎骨に合うように矯正し、下顎骨の歯を下顎骨に合うように矯正する。それが終われば、外科手術で上顎骨と下顎骨の噛み合わせを調整する。この時点である程度、見た目も改善方向に向かうことになる」

「外科手術で顎骨を切ったり、奥に引っ込めたりしても、顎が長く感じるなら、顎骨固定用プレートを除去する際に、オトガイを調整して切ってくれる病院もありますよ。でも中抜きをしないと、二重顎になったり、皮膚が弛んだりしやすい」

「私は下顎後退症で、上下顎分節骨切りをやりましたが、本当にやって良かったと思ってます。特別、綺麗になったというわけではないけれど、普通になれた(近づけた)という心理的安心感が大きいです。上下顎分節骨切りをした後の目覚めで、呼吸がしづらかったことくらいがつらかったでしょうか」

「この上下顎分節骨切りをした後に、体質が変わってしまった人っていませんか? 私は上下顎分節骨切りをする前までは、全く肌荒れをしなかったのに、上下顎分節骨切りをしてからは半端なくニキビができるようになりました。頭皮も上下顎分節骨切りする前よりも脂ぎって、ハゲてきました」

「上下顎分節骨切りした人には、メチコバールっていう麻痺止め薬が処方されるんだけど、それを服用していると、肌荒れ起こす人がいるらしい。ニキビが頻繁に出るようになったりね」

△上記文章はユーザーの投稿です