顎削り ブログ 経過写真

質問:
僕は今高校3年生です。
高校卒業後から大学入学までに一ヶ月休みがあるのでその期間に顎の骨を削る整形をしようと考えています。
それで気になっているのは術後の腫れ大学入学までに引くかということです。
美容整形外科にカウンセリングに行ったときは3~4週間である程度の腫れはおさまるといわれたのですが、顎削りをやった人のブログに張ってあった経過写真をみると、術後一ヶ月でもまだまだ違和感がありました。
大学は地元から離れたところに行くので整形したと気づかれることはまずないと思いますが、いままで顎でさんざんいやな思いをした分、大学デビューじゃないですけど、普通の男子として新生活のスタートを切りたいです。

回答:
顎削りなどの輪郭の整形の腫れには個人差があるのでなんともいえませんね。
体質もありますが、あまり骨削りになれていない医師が執刀した場合、内出血が多く手術時間も長くなるため必然的に腫れも大きく長引きます。
高校卒業後から大学入学までの期間に輪郭手術をするのは、気分もリフレッシュできてナイスタイミングだと思いますよ!
知り合いがいなければ多少腫れが残っていても整形だとばれることはないでしょう。

△上記文章はユーザー個々の投稿です