下顎後退症 入院日数

下顎後退症についての質問です。
昔から自分の輪郭がおかしいのは気がついていましたが、最近になって下顎後退症という症状に当てはまるのではないかと気づき始めました。
見た目に下顎がぺたんこで後退しているのももちろんいやなのですが、ベットに仰向けで寝ると息が苦しいのでとても困っています。
いつも横向きやうつぶせで寝るのがくせになっているのですが、寝ている間にいつの間にか仰向けになって、息ができなくなって目が覚めたこともあります。
調べてみると下顎後退と睡眠時無呼吸症候群には関連性があるという記事も見かけます。
また自分は下顎の位置が悪いためか発音があまりきれいではありません。
将来声を使う職業を志しているので、そのためにも下顎後退症の手術をうけて下顎を正しい位置に戻したいと考えています。
下顎後退症は美容外科での手術の場合、入院は3泊4日と聞きますが、口腔外科での手術の場合、二週間も入院すると聞きました。
この差ってなんなんでしょうか?
自分は機能面だけでなく外見も重視してほしいので美容外科での手術を考えています。
口腔外科での手術は審美面での評価が良くないので・・・
でも美容外科のほうが入院の日数が短いということは簡単なオペということでしょうか??
あと、心配なことは手術を家族や回りの友人に内緒でやるつもりなのですが、下顎の位置が大きく改善されたら整形したって思われますか?
経験者の方のブログなどをみていても、輪郭の手術をしたにもかかわらずまわりにばれたというひとはほとんどいませんでした。
あまりみんな人の顔の変化には気がつかないものなのでしょうか??
あと、ばれないコツなどあれば教えてください。m(_ _)m

△上記文章はユーザーの投稿です