エラ削り 経験

質問:
桐谷美玲さんのような小顔にあこがれます。身体はモデル並に細いのですが、顔だけ大きくエラが張っています。輪郭の整形を本気で考えています。。
韓国はエラ削りや顎切りや頬骨きりなどの輪郭系が得意らしく症例数も多いので、今のところ韓国での手術を検討しています。韓国ならID美容外科やBKトンヤンとかが有名ですよね?韓国ではエラ削りなどのフェイスラインの手術はVラインというそうです。フェイスラインのエラ削り、顎切り、頬骨削りなどを必要に応じて一気にやって小顔にしてしまうというものです。
韓国の芸能人の方とかはこのVライン手術をやってエラが全然ない人多いですよね。私はあそこまで顎がとんがっているのは嫌ですが、小顔効果はうらやましいです。でも韓国語しゃべれないし、海外旅行も行ったことないし、失敗したらどうやって訴えたらいいのかとか、日本にもどってきてから後遺症がでたらどうしようとか心配です。
実際にID美容外科やBKトンヤン、その他の韓国の病院で同じような手術を経験された方がいましたらやってよかったかどうか教えて下さい。あと日本のクリニックでエラ削りを経験された方のお話しも聞きたいです。どんな経験談でもかまいません。
よろしくおねがいします☆

回答:
初めまして!
私も2年前にエラ削りを験しました。
輪郭整形は美容整形手術の中でもっとも難しい手術の一つです。エラ削りはオトガイ神経の付近を操作しますので、頭蓋顎外科・形成外科の技術力が求められる治療です。
私は日本国内のクリニックでエラ削りを経験しました。
エラは確かに小さくなり顔も面長になりましたが、全体的なバランスがおかしいように感じています。また術後2年の今でも右エラあたりの感覚がありません。
エラ骨・外板・咬筋など、複合的な処置を行うことが出来、尚且つ、ぎりぎりまで海綿体を残して外板切除をする技術がある医師をお薦めします。
「ギリギリまで削れます」なんて宣伝している医師が日本にも韓国にもいますが、海綿体までを削ってしまう医師でエラ削りを行いますと、経年的に骨の強度が弱くなって骨が割れてしまったりします。
私のエラ削りの経験から言えることはエラ削りする際は、とにかく極限まで小さくすることよりも、顔全体のバランスや安全面を重視してくれる医師を選ぶべきです。

△上記文章はユーザー個々の投稿です