セットバック法の問題点

セットバック法とは美容手術の一手法で、顎の骨を削り口や顎ならびに顔の問題を解決する方法です。

口の問題とは歯並びや噛み合わせで、顎の問題とは受け口などです。顔の問題とは大きさやラインの歪みなどで、セットバック法はこれらを総合的に解決するために非常に優れた手法なのです。

セットバック法ではまずカウンセリングを行い、その後に顎の骨を削ることで顎や口の問題を総合的に解決します。

その際に微調整を行いますので顔のラインの矯正や顔の大きさ、曲がりの矯正も可能です。また、顔全体を見て矯正をかけていきますので外科的な矯正よりも全体の問題点を解決することに優れています。

外科的な手術矯正が問題部分そのものの治療に優れるものならばセットバック法での施術は問題点を含めて顔全体を矯正することに優れていると言えるでしょう。

また、外科的な手法はメスで切った痕が残る可能性があることと入院日数が多いことを考えれば、美容手術であるセットバック法の施術は日帰りが可能で傷も残らないことから安心で手軽に受けられるとも言えるでしょう。

しかし、そんなセットバック法にも問題点はあります。

セットバック法は施術前に歯茎に痛みがあった場合は施術後に歪みが出てしまいます。

ですので、施術前に入念に骨や顔、歯並びをチェックすることも行われますが、同時に歯茎のチェックも厳重に行われます。

その上で歯茎に疾患や痛みが見つかれば専門医による指摘とチェック、カウンセリングが行われることになります。

目的は顎の骨を削ることによる顔全般の矯正ではありますが結果的に歯並びや噛み合わせの改善も目的としているため歪みが出ないようにまずは歯茎の治療から行われることになります。

その際に施術を急ぐからといって説明や治療をおざなりにすることは決してありませんので安心してください。

歯茎の状態が健康であることも含め最終的なセットバック法の結果に直結するのですから。

このように問題点はありますが施術前に十分対応可能ですので安心です。

△上記文章はユーザーの投稿です