エラ削り コンプレックス

顔が大きいことがコンプレックスで、女性に限らず男性でも悩んでいるの出れば美容整形を利用して悩みを解消する方法があります。エラ骨が大きく出ていると、顔を正面から見ても横から見ても広く感じさせ、また力強い雰囲気になるため我が強い人だと誤解されてしまうことがあります。エラ削りを行えばフェイスラインが劇的に変わり、優しい顔立ちになります。

コンプレックスに感じるあまり、必要以上にエラ削りを行わないようにすることが大切です。医師からベストなフェイスラインの提案がありますが、患者の希望に合わせてギリギリまで削ってくれる美容整形もあり、顎にかけて細すぎるように見えると今度は冷たい印象を与えるようになってしまい、失敗のもとです。良く医師と話し合ってベストな輪郭を決めましょう。

エラ削りは手術痕が目立ちにくい部分からメスを入れていきます。術後は腫れなどが残りますが次第に腫れも引き目立たなくなっていきます。手術を行うときには全身麻酔で、約2時間前後時間がかかります。入院も人によって異なりますが3日程度必要になります。手術を受ける前には、かかる時間の説明だけでなく合併症などのリスク説明も行われますから良く聞いておくべきです。

エラ削りの手術後は多くの人が麻痺を感じるものですが、6か月程度経つとほとんどの人が回復します。稀にしびれが長く残る人もいるため、術後の経過観察もしっかりと行ってくれる美容整形で手術を受けるべきです。

コンプレックスの解消に親身になってくれる病院かどうかは、カウンセリングの段階である程度の判断が可能です。患者の意見や話を少しも聞こうとせず、医師の治療方針のみ話すような病院は避けるべきです。症例実績が多数あって、患者の体や気持ちを一番に考えてくれる医師とスタッフが揃った病院であれば安心です。

コンプレックスを抱えたままだと、精神的な影響も受けて気持ちが落ち込むこともあります。解消に向けて相談を行うだけでも前向きな気持ちになれますから、行動を起こしてみましょう。

△上記文章はユーザーの投稿です