エラ削り 体験談 腫れ 後遺症

「一言でエラ削りといっても、ただエラを削るだけでは、目に見えてわかるような輪郭の変化はないようで、顎の両サイド全体を削って、さらに顔の内側も少々削らないと、綺麗な輪郭にはならないとのこと」

「安いエラ削り料金の美容整形クリニックだと、エラの角部分の骨しか削らなかったりする」

「約3年前にタイで、エラ削り~顎削りをしました。エラ削り~顎削りをする前は、長四角の輪郭だったけれど、現在は(顔は似てないけれど)沢尻エリカのような顔の輪郭になったので、大満足、でも、いまだに忘れられないのが、エラ削り~顎削りをした後の、ものすごい顔の腫れ。例えていうと、普通の顔の人が、いきなりお相撲さんみたいな顔になっちゃう感じ。頭にストッキングをかぶって、上に引っ張ったようなね」

「もちろん、エラ削りをした後の、顔の腫れ方には個人差がありますが、それはもうすごい顔が腫れると思って、エラ削りに臨んだ方がいいです」

「全身麻酔だから、死ぬ確率はゼロでないよね。エラ削りの失敗は、エラ角が全くなくなってしまったり、エラ周辺に段差がついてしまったり、皮膚の弛みが出てきてしまったり、ピリピリした痺れや麻痺の後遺症が残ったり、顔が左右非対称になってしまったり、と様々」

「私はポッチャリ顔なので、エラ削りをした後は、メッチャ顔が腫れました!ほっぺに飴玉を含んでいるみたいになって、2週間はパンパンでした!会社ではずっとマスクをしてました。完全に顔の腫れがひくまでには3ヵ月はかかりましたよ!骨を削ったから、仕方がないですね。顔の腫れには個人差あるとは思いますけど。あと、ふっくら顔の人ならば、皮膚は弛みますので」

「顔が長かった私は、顔の長さばかりを気にしていましたが、エラ削りをして、顔の雰囲気がかなり変わりました。エラはかなり顔のパーツとして重要なんだなと」

「全身麻酔だから、死ぬ確率はゼロでないよね。エラ削りの失敗は、エラ角が全くなくなってしまったり、エラ周辺に段差がついてしまったり、皮膚の弛みが出てきてしまったり、ピリピリした痺れや麻痺の後遺症が残ったり、顔が左右非対称になってしまったり、と様々」

「私はポッチャリ顔なので、エラ削りをした後は、メッチャ顔が腫れました!ほっぺに飴玉を含んでいるみたいになって、2週間はパンパンでした!会社ではずっとマスクをしてました。完全に顔の腫れがひくまでには3ヵ月はかかりましたよ!骨を削ったから、仕方がないですね。顔の腫れには個人差あるとは思いますけど。あと、ふっくら顔の人ならば、皮膚は弛みますので」

「顔が長かった私は、顔の長さばかりを気にしていましたが、エラ削りをして、顔の雰囲気がかなり変わりました。エラはかなり顔のパーツとして重要なんだなと」

「エラ削りをした人は、みんな思うだろうけど、このエラ削りはかなりつらいよ、約3日間は、口に食べ物を入れてもほとんどこぼすし、しっかりと発音できないし、通常生活ができないから、悲しい思いをするよ。そんな思いをしてる時に、海外でエラ削りをしたりするのは、よけいに大変なつらい思いをすると思うけどな」

「昔は咬筋切除もしていたが、そこには顔面神経が通っているのもあって、高い施術リスクがあるから、現在はどの美容整形クリニックでも、咬筋切除をしていないはずだよ、と美容整形クリニックの医師からいわれました」

△上記文章はユーザー個々の投稿です