頬骨削り ダウンタイム 後遺症

頬骨の美容整形手術を大別すると、頬骨削りをして、フェイスラインを形成するものと、頬骨を切断し、固定プレートで留める骨切りの2つになります。

頬骨削りは、口中の上顎の内側、もしくは耳付け根部分から切開し、専用器具を使用して、頬骨削りをする手術になります。

全身麻酔下で行うので、頬骨削りをした後は、数日間の入院が必要となります。

顔の腫れが引くまでのダウンタイムは、個人差や頬骨削りの程度にもよりますが、約2週間~1ヵ月はかかるとみた方がよいでしょう。

頬骨切断の骨切り手術は、これもまた手術痕が目立たないように、口中の上顎の内側、もしくは耳付け根部分から切開し、不自然に出っ張った頬骨を切除した後、固定プレートで留めます。

頬骨削りと同じように、骨切りをした後は、入院が必要となりますし、顔の腫れが引くまでのダウンタイムも、約2週間はかかるとみた方がよいでしょう。

かなりの腕前を持つ医師が手術を担当しても、必ず頬骨削りが成功するということは、100%ありえません。

メスを使う整形手術ならなおさらで、様々なリスクや失敗、副作用、後遺症が起こる可能性があります。

頬骨削りの失敗例としては、頬骨の周辺を通る神経をうっかり損傷させてしまうことが、稀にあるため、頬骨削りをした後に、感覚麻痺や痺れを残してしまう恐れが生じます。

頬骨削りをはじめとする輪郭形成の手術をすると、ほとんどの人が何らかの麻痺や痺れを感じますが、手術をした人のうちの半数は、大体半年~1年程度でほぼ回復します。

しかし、程度の差や個人差こそあれ、残念ながら、麻痺や痺れが、半永久的に残ってしまう人も出てきます。

また、頬骨削りは、左右前後等のバランスを調整しながら行うので、失敗すると、顔の左右が非対称になってしまったり、神経を損傷させてしまい、顔面麻痺の状態になったりすることもあります。

△上記文章はユーザー個々の投稿です