韓国 顎削り 両顎手術 副作用 失敗

韓国では、両顎手術した23歳の女子大生が、両顎手術の副作用を苦に、自らの生命を絶つという悲劇が起きた。

この女子大生は「両顎手術をした後に顎が歪み、その影響なのか、涙腺が詰まり、涙が止まらぬ副作用が起き、とても精神的につらかった」と遺書を書いていた。

こうした美容整形手術の副作用について、美容整形手術の専門家は「先に両顎手術をしてから、その後で歯列矯正をする」という、医学的検証がされていない韓国独自の手術法が招いた結果だと言っている。

その上、両顎手術が韓国で流行っていることで、しっかりとした研修や訓練を受けていない医師が多数増えてしまい、その結果両顎手術をするようになり、それに伴って副作用が増えているとも言った。

顎骨と頬骨を削って、その後に顔の骨格構造を組み直すという両顎手術のフローは「先に歯列矯正をして、その後で整形外科手術をする」のが原則。

整形外科手術をする前に、約1年をかけ、歯列矯正治療をして、歯の位置を整えておき、それが安定してから、顎の手術をするのが正しいフローなのだ。

土木工事に例えれば、土台の基礎を十分に固めた後に、骨組みを構築するのと同じことだ。

しかし、両顎手術をする整形外科・歯科のホームページには、どこも「先に整形外科手術」の情報を掲載している。

例えば、受け口ならば、まずは下顎を一部切断し、内側に(奥に)移動させれば(引っ込めれば)、たちまち外見が良くなる。

その後、約1年に渡って、歯列矯正により歯並びを調整するのだ。

患者は、こうした整形外科手術をすれば、すぐに顎が奥に引っ込んだ状態になるから、近視眼的な視点になり、先に整形外科手術をする方を希望してしまう。

ところが、この「先に整形外科手術」は、副作用が出る恐れがあるのだ。

歯と顎の関節の筋肉は、受け口である元々の状態に合うように並んで、噛み合うようになっている。

なのに、整形外科手術でいきなり顎骨の位置を移動させてしまうと、口腔構造の急激な変化に対し、筋肉と歯が大混乱に陥り、正常な噛み合わせができなくなる恐れが出てくるのだ。

整形外科手術後の顎が、左右どちらに歪むのかをシミュレーションするのは簡単でない。

顎骨と顎関節を包む筋肉は、バラバラに動くからだ。

これを整形外科手術後に、歯にワイヤーを装着し、位置を変える矯正治療できちんと調整するのは困難を極める。

また、整形外科手術の腕が不十分な医師が、緻密な計算や想定もなく、顎骨を切断するので、副作用が起こらない方が難しい。

このため、両顎手術をした後に、不正咬合の症状を訴えたり、顎が歪んだりして訴えられる医療訴訟や紛争が絶えないのだ。

現在、韓国でなされている両顎手術の約80~90%は「先に整形外科手術」方式だ。

すぐに外見が良くなるという効果につられ、この「先に整形外科手術」方式の両顎手術に飛びつく女性が後を絶たないため、最近になってようやく韓国政府は注意喚起をし出した。

△上記文章はユーザー個々の投稿です