口元 出てる 下顎 後退

質問:
数年前に一度矯正済みですが、出てる口元と下顎の後退を改善できなくて、再矯正をしたいと考えていますが、現在は前歯の根の治療中で、担当医からあと2、3回治療してダメだったら、抜歯するとのことでした。
もし、前歯1本を抜歯しても、矯正はできるのでしょうか?
あと、前回の矯正で4本抜歯して、治療しましたが、口元がもっこりと出てる状態で、下顎が小さく、鏡で自分の顔を見る度に落ち込みます。
再矯正のカウンセリングをした病院で診てもらったら、歯列を後方へ3mm移動することになる、とのことでした。
人から指摘されるような下顎で、顎関節症で診察してもらっている医師からも、顎が小さいといわれました。
以上のような状態の口元と下顎ですが、改善はできるのでしょうか、回答を宜しくお願い致します。

回答:
貴女の口元や下顎の詳細がわからないので、あくまでも一般論として、回答致します。
すでに4本の歯を抜歯しているわけですから、それ以上抜歯せずに、歯列全体を後方へ移動させるか、歯のサイズダウン、あるいは狭い歯列であれば、拡げて作った空間を利用し、前歯を奥に引っ込めるという、治療方針になるかと思われます。
ただし、前歯をどうしても抜歯してしまうようでしたら、その抜歯した空間を利用することを考慮するのも良いのかもしれません。
その場合の治療方針については、現在の噛み合せや歯列の形態、歯のサイズ等によって決まってきます。
ただ、前述したいずれの方法を採っても、下顎が小さく後方にあるのならば、満足できる変化にするのは、難しいかもしれません。
なぜなら、オトガイを前方に移動させない限り、Eライン(鼻先と顎先を結ぶライン)に対する口元の変化が期待できそうもないからです。
満足のいく結果にするためには、オトガイ形成術を併用し、Eラインを改善する等の選択枝が考えられるかと思われます。

△上記文章はユーザー個々の投稿です