顎削り エラ削り 麻痺

質問:
美容整形外科で顎削り&エラ削りをして、2週間が経過したものの、下口唇の片側を動かすことができません。
顎&エラの左右がバランス悪くなる、口唇が麻痺して動かなくなるという説明を術前に一切聞いていなかったので、動揺しています。
執刀医は、注射したボトックスが、右の方に流れてきているから、こうなったと言っていますが、ボトックスを注射する説明も、術前に聞いていません。
もし、執刀医の言うようにボトックスを注射したとするならば、薬理作用の減弱とともに、ボトックスの作用はなくなり、口唇は動くはずです。
口唇が麻痺して動かなくなったことは、神経を切除したことに起因してると私は思うのですが。
口唇をうまく閉じることができず、涎がダラダラと垂れるし、飲み物も口唇の右側からこぼれおちてしまいます。
あと、「イー」の発音をしたり、口先を伸ばそうとすると、左片側の顎にだけ結節が偏ってできます。
確実に運動神経が、顎削り&エラ削りによって切断された以外に考えられないのですが。

Q1.口腔外科的にみた場合、エラ(下顎角)や顎を削った後に、下口唇の神経は麻痺するものなのでしょうか?
どんなに注意してで顎削り&エラ削りをしても、どの患者に対しても、一般的に、普遍的に麻痺は残ってしまうことなのでしょうか?
口腔外科医療として要求される一般的基準は、麻痺を残さないことだと思いますが、専門医からみていかがでしょうか?

Q2.神経を切断したとするならば、それは何神経を切断したのでしょうか?

Q3.麻痺は完全に回復するのでしょうか、また、麻痺症状が固定化したという基準は、どのくらいの期間で判断すれば良いのでしょうか?

回答をよろしくお願いします。

回答:
こんにちは。
口唇の麻痺でお悩みのことと思います。

■Q1について
口唇を動かす神経は、顔面神経といわれています。
抜歯や下顎骨骨切り等の口腔外科的手術で、頻繁に問題となるのは下顎神経で、顔面神経とは別の神経です。
もちろん手術内容によっては、顔面神経が関与してくることもありえます。
特に、下顎骨の底辺部(下顎下縁)に操作を加える場合は、顔面神経損傷のリスクが出てきます。
なお、各種の口腔外科的手術において、神経損傷の確率をゼロにすることは不可能だと思われます。
ただそのことが、貴女のいわれる「どの患者に対しても、一般的に、普遍的に麻痺は残ってしまうことなのでしょうか?」ということになるのか、これは言葉の表現にも関係してくるため、明確に言えないのが現状です。
個人的な感想としては、神経損傷は、手術内容や損傷程度にもよりますが、一定の発生率で引き起こる偶発症だと思っています。

■Q2について
口唇を動かすことをつかさどるのは、前述の通り顔面神経になります。
ゆえに、口唇を閉じることができない等の症状が、神経の損傷に起因しているとするならば、顔面神経の損傷である可能性が考えられます。
もっとも、「神経の障害 = 神経の切断」ではありません。
部分的に損傷したでも、神経障害は引き起こります。
また、貴女の症状が顔面神経の障害であると、この場において確定できない点についてはご注意下さい。

■Q3について
「麻痺は完全に回復するのでしょうか」についても、やはりこの場で確定できることではありません。
ただ、神経の損傷は、神経が完全断裂していない限り、時間はかかっても、再生していく可能性はあります。
逆に、完全切断している(あるいはそれに近い状態)場合、麻痺症状は長期化する可能性があります。
「麻痺症状が固定化したという基準は、どのくらいの期間で判断すれば良いのでしょうか?」については、まず現状を実際の診察の場で、しっかりと確認してからのことだと思われます。
最後に、「口唇をうまく閉じることができず、涎がダラダラと垂れるし、飲み物も口唇の右側からこぼれおちてしまいます」というのは、日常生活上、大変支障がある事態だと思われます。
状況に応じ、他の病院(麻酔科等)にて受診する必要もあるのではと、個人的には考えます。
お身体を大事にされて下さい。

△上記文章はユーザー個々の投稿です