オトガイ形成術 費用 後遺症

質問:
歯列矯正後の下顎を目立たなくする方法として、オトガイ形成術がありますが、健康保険の適用がない場合の費用は、どれくらいをみておけばよいでしょうか?
また、術後の後遺症を考えると、オトガイ形成術は、しない方がよいのでしょうか?
このオトガイ形成術以外の別の手術法はないのでしょうか?
少々の歯並びが悪くても、顎が突き出ていない方の仕上がりが良かったと、今さらながら後悔をしてしまいます。
回答を宜しくお願い致します。

回答:
骨切りを必要とするオトガイ形成術では、約70万くらいが、1つの目安になります。
オトガイ形成術の後遺症としては、オトガイ部の麻痺が、かなりの高頻度で残るといわれています。
大抵のオトガイ部の麻痺は、時間経過と共に解消しますが、年単位の時間を要することもあります。
下顎を希望通りの移動量で奥に引っ込めることが、オトガイ形成術で実現できるかについては、疑問符がつきます。
オトガイ形成術をした結果、今度は下顎が奥に引っ込め過ぎてしまう感じを持つかもしれません。
上下前歯の位置を奥に引っ込め過ぎたことに起因する下顎の突出感なのか、それは回避できない問題なのか、再度、受診中の矯正歯科クリニックで相談するのをおすすめします。

△上記文章はユーザー個々の投稿です