エラ削りで唇に麻痺やしびれが・・・

エラ骨自体が大きく張り出している、骨格が原因のエラ張りを解消したい場合は、美容外科手術でエラ骨を直接削り切除する方法、いわゆるエラ削りしかありません。
エラ削りには口内法と口外法の二種類の方法があります。日本の美容整形のエラ削りは大半が口内法ですが、口外法を行っている医院も存在します。

口内法について
口内法は口腔内を切開し、そこからアプローチしてエラ削りを行うため傷跡が外に残りませんが、全身麻酔が必要となります。また口の中は雑菌が多いために感染症を引き起こす可能性が高い、というのも難点です。また精密な技術と集中力が必要で、専用の特殊な手術機材を多く使用するため、約100万円前後の高額な手術料金になります。
他にも2週間から3週間の長期にわたって腫れが続き、エラ周辺やくちびるに麻痺やしびれが残るというリスクがあります。
また、口の中の小さな切開口から手術を行うため術野が狭く手術が困難で、万が一血管などを傷つけた場合、止血作業が非常に困難です。神経を損傷する危険が大きいことも見過ごせません。
そのため医師側にかなりの技術と慎重さが求められます。輪郭形成の経験が乏しく未熟な技術の医師しかいない場合、エラ削り手術そのものをおこなっていないクリニックも少なくありません。
そして、えら削りのトラブルの多くが削りすぎによるものです。フェイスラインが細くなりすぎる、横顔のラインがでこぼこしてしまい直線的でなくなる、左右の輪郭に差が生じるなどがあります。先ほど述べたように、術野が狭い分輪郭の仕上がりや左右のバランスは確認しづらくなります。

口外法について
口外法は、エラの裏側・下方部の皮膚を数センチ切開し、骨を露出させ削り取ります。顔の外側に傷跡が残る欠点がありますが、首のシワに埋もれる目立たない部分ですので、それほど神経質になる必要はありません。
そのかわり全身麻酔は必要でなく局所麻酔で施術可能からリスクが低く、日帰りで手術を受けることが可能です。
エラ骨をはっきり視認しながら行えるため切除がやりやすく、輪郭や左右のバランスを確認しながら行えるため失敗しにくいメリットもあります。
エラ骨の切除と平行して咬筋切除もおこなう場合、筋肉は骨より外側に位置していますから、当然口外法の法がやりやすく、また出血しても止血が容易です。
費用も口内法よりも安くすみますし、腫れや痛みが少なく包帯などによる固定が不要、手術そのものも短時間で終了するなど、「口内法」にはない多くのメリットがあります。麻酔の量を減らすことが出来たり、術後の洗顔やメイクなども可能であるなど、多くのメリットがあります。

傷跡といっても決して目立つ場所に残るわけではありませんし、化粧や髪型でごまかすこともできます。傷跡のことを抜きに総合的に判断すると「口外法」の方がメリットが多いようにも思えます。
ただし、口内法はエラ削りの経験が豊富な医師が技術を駆使しなければおこなえないのに対し、口外法はそれほど技術が無くてもおこなうことは可能です。つまりお世辞にも名医とは言い難い医師に施術される可能性は念頭に置いておいて下さい。
口内法と口外法、どちらの施術を選択するにしても、カウンセリングの場で医師と綿密にに話しあわれたうえで決定することが重要です。

△上記文章はユーザーの投稿です