反対咬合 治療

質問:
かなり幼い頃より反対咬合で、小学校高学年からずっと自分の顔がコンプレックスになっていました。
サ行やタ行は発音しにくいし、滑舌も悪く、横顔を見ると、下口唇が前に出ている状態です。
悪い歯並びではないですが、かといって綺麗な歯並びともいえません。
小学校、中学校、高校と、全ての歯科検診で、咬合に問題ありといわれ続けてきました。
高校生の今、自分が成人した時に、この歯並びのまま生きるのは嫌だ!という気持ちがより一層強くなったので、何とかこの反対咬合を改善できないかと思い、質問しました。

自分が気になっていることは、

  1. 反対咬合の治療にかかる費用と時間は、どのくらいなのか?
  2. 反対咬合の治療で、顔の形が(悪い方向に)変わってしまわないか?
  3. 反対咬合の治療で、長期にわたる休みが必要になるのではないか?

です。
高校生活でも、ずっとマスクをしているので、反対咬合の治療期間における見た目は、全然気になりません。
回答を宜しくお願いします。

回答:
はじめまして、さて、質問の件ですが、反対咬合(受け口)を気にしているということですね。
質問の内容をしっかりまとめてるので、順番に回答します。

1.反対咬合の治療にかかる費用と時間は、どのくらいなのか?
まず反対咬合の治療にかかる費用についてですが、これは、下顎の受け口具合によって変わってきます。
はっきりと下顎が出ているようならば、大学附属病院で手術することになるので、その場合に限り、健康保険が適応されます。
入院費を含め、50万円前後の費用がかかるかと思われます。
また、そこまで下顎が出ていない、あるいは、反対咬合改善の手術をしたくないならば、健康保険は適用外になるので、80万~100万円程度の費用がかかるかもしれません。
反対咬合の治療にかかる期間は、2~3年程度はみておいて下さい。

2.反対咬合の治療で、顔の形が(悪い方向に)変わってしまわないか?
反対咬合の治療によって、顔の形が(悪い方向に)変わってしまわないかについてですが、反対咬合改善の手術をした場合は、大抵改善されます。
反対咬合改善の手術をしない場合は、反対咬合(受け口)の顔貌はあまり変わりません。
むしろ、面長の顔になる傾向があります。

3.反対咬合の治療で、長期にわたる休みが必要になるのではないか?
反対咬合改善の手術をした場合は、約1ヵ月程度の入院をすることになります。
反対咬合改善の手術をしない場合は、入院しないので、休みを取る必要はないと思われます。

参考して下さい。

△上記文章はユーザー個々の投稿です