顔面骨切り 一番難しい手術は?

質問:
エラ切り、エラ削り、などに興味があります。
顔面骨切りは顔の整形で一番難しいと言われていますが、中でも一番難しいのは何の手術ですか?
頬骨ですか?
エラですか?
顎ですか?
それとも中顔面短縮術ですか?

回答:
骨切りの手術はその名前の通り、骨を切ったり削ったりするものです。
骨にひびが入るだけで激痛や大きな腫れが出るのですから、手術して意図的に骨折状態にするなんて勇気がいりますよね。
骨切りの手術の箇所はエラ・アゴ上下・ホホ・鼻・額などいろいろあります。
おっしゃるとおり、骨切りの手術は美容整形手術の中でも一番難しい手術です。
顔面神経の通っている箇所の手術なので、かなり技術の高い医師でなければ出来ないそうです。
一箇所でも傷つけてしまったり、神経の近くまで削りすぎたりしてしまうと顔面麻痺を起こしてしまい、後遺症も残ってしまいます。
頬骨もエラも顎も中顔面短縮術も直接目で見えない場所を手探りで手術するのですから、難易度は同じではないでしょうか。
でもかみ合わせを考慮しなければいけないことを考えると顎の骨きりが一番難しいといえるのかもしれません。

△上記文章はユーザー個々の投稿です