顎関節変形症(顎変形症)のチタン製固定プレート除去手術

質問:
僕は、顎関節変形症で上顎下顎の手術をしたのですが、チタン製固定プレート除去手術をするか迷っています。
担当医によると、顎関節変形症手術をした9割の人は、プレート除去手術をしているとのことで、プレート除去手術をしていない人のその後の経過で、プレートを除去していないことに起因する障害や弊害について知っている人がいるなら、教えて頂けないでしょうか?
私は、担当にプレート除去手術をしない旨を伝えたら、無理にプレート除去手術をしろとは言わないが、絶対した方がいいと、険しい顔で言ってきたので、今はかなりプレート除去手術ををするかどうかで迷っています。
担当医によると、将来、医療機器の発達により、顔や脳のレントゲンや内部撮影時に、プレートが邪魔をし、それらの撮影が困難になるから、プレート除去手術をしてほしいとのことでした。
私としては、医療機器の発達というのなら、こうしたプレートのことも想定されているはずではと考えているので、将来的には、レントゲンや内部撮影の困難さは問題なしと思っています。
でも、将来の予測が的中するかどうかは、実際のところ不明なので、私の考えについてはどう思いますか?
他にも気になる事がありまして、日本では上顎か下顎か忘れましたが、どちらかには自然に体内で消滅するプレートを使えないそうですが、それは認可されていない以上、使用は不可なのですか?
以上のことについて、専門の先生方から意見を聞いてみたいです。
宜しくお願い致します。

回答:
結論から言うと、プレート除去手術を正しい時期にすることを強くお勧めします。
将来、医療機器の発達で顔とか脳のレントゲンや内部写真をとる時にプレートが邪魔でうまく写真をとれないかもしれないという、担当医の言われる通りだと思います。
残念ながら、レントゲンや内部写真を想定して医療機器が発達するでのは、というのは全く別次元の話となります。
これら以外にも、本来除去が前提のプレートを長期間、顎骨に残存させと、不測事態に将来遭遇する可能性もあるので、プレート除去手術をすべきです。
プレート除去手術をしない人の方が、圧倒的少数の上、まだこのプレート除去手術自体の歴史が浅いことから、十分な追跡調査がなされていないかと思われます。
不測事態とは、まだ明確になっていない金属プレート残存による身体への悪影響の可能性があるということです。
あと、仮に今回プレート除去手術をせずに、将来にやはりプレート除去手術をしたくなった、もしくはプレート除去手術をせざるを得なくなった際に問題が生じます。
プレート除去は、適切な時期(通常は顎変形症手術後の半年~1年)にしなければ、その後のプレート除去は困難となり、さらに今よりも時間的、金銭的、体力的にコストがかかる手術が必要となります。
長い人生で捉えると、今回の適切な時期にプレート除去手術をするのが、最も望ましいと大抵の医師が考えるかと思われます。
なお、吸収性プレートについては、全症例で使用できるわけではありません。
保護者の方、担当医と綿密に相談し、最良の選択をして下さい。
くれぐれも、自己判断のみでの決断はしないで下さい。
どうぞ、お大事に。

△上記文章はユーザー個々の投稿です