バードフェイスとは?

バードフェイスとは、正式な医学用語では、上下顎前突といいます。

歯が前方に突出し、口を閉じた際に唇が前に出てきてしまい、ちょうど鳥の嘴のように見える状態が、バードフェイス(上顎前突症)の名称の由来となっているようです。

機能面のデメリットとして、バードフェイス(上顎前突症)は、口の中が乾きやすいため、歯周病や歯槽膿漏、虫歯の原因となりやすく、また、顎関節症や肩こりをもたらすこともあります。

審美面のデメリットとして、バードフェイス(上顎前突症)は、やはり口元がもっこりと突出し、気にしているところなのに、なお目立ってしまうという点があります。

口を閉じても噛み合わない開咬や、前歯に隙間ができる反対咬合、歯が重なり合った叢生、等々、数種類の不正咬合があり、バードフェイス(上顎前突症)もその不正咬合の中の1つです。

審美面はさておき、「歯列や噛み合わせといった機能面に特に異常や障害がないからいいや」と、治療をせずにそのままバードフェイス(上顎前突症)をほったらかしにしてしまいがちですが、口が閉じにくいことに起因する健康への悪影響があるので、いつまでもバードフェイス(上顎前突症)の治療をしないのは良くないことでしょう。

前述したように、バードフェイス(上顎前突症)は、口の中が乾きやすいため、歯周病や歯槽膿漏、虫歯の原因となりやすく、また、頭痛や顎関節症、肩こりをもたらすこともあり、また、口呼吸になっているケースも多く、鼻の病気を誘発するリスクもあります。

審美面が気になる人がバードフェイス(上顎前突症)を治療するのはもちろんですが、多少なりともバードフェイス(上顎前突症)で気がかりな点があれば、病院にカウンセリングで行きましょう。

矯正でバードフェイス(上顎前突症)が治ることもあれば、外科手術をしなければ、解消できない程度のバードフェイス(上顎前突症)もあり、個人差があります。

外科手術によるバードフェイス(上顎前突症)の治療ともなると、手術をすることになるので、高額な施術料金になるようです。

△上記文章はユーザー個々の投稿です