セットバック手術の問題点やメリットについて

一部の美容整形外科でされているセットバック手術は、別名で下顎骨分節術、上顎骨分節術といいます。

顎骨の一部を切り、顎骨の位置を移動させる大がかりな手術です。

顎や顔の腫れ等が比較的少ないといわれ、病院側にはリスクが少ないため、一部の美容整形外科は、盛んにこのセットバック手術を勧めていますが、このセットバック手術には、様々な問題点があります。

■セットバック手術の問題点

  • 健康な歯を抜いてしまう
  • セットバック手術の前後に歯列矯正が必要になる
  • 顎を移動できる距離が少ない
  • ルフォーや下顎枝矢状分割と比べると、仕上がりが不自然

セットバック手術の問題点は、健康で丈夫な歯を、審美的理由で抜いてしまうことです。

セットバック手術以外に方法がなければ、致し方ありませんが、輪郭形成には、セットバック手術の他にも、ルフォーⅠ型骨切り術や、下顎枝至上分割術という、セットバック手術よりもさらに適切といわれている輪郭形成があります。

■セットバック手術のメリット

  • 顎や顔の腫れが、比較的少ない
  • 病院側に高度な医療技術が要求されない
  • 比較的容易・簡易な施設&設備でも治療可能

■セットバック手術に変わる治療

セットバック手術に代わる輪郭形成は、上顎だとルフォーⅠ型骨切り術、下顎だと下顎枝矢状分割術があります。

セットバック手術のような歯列骨の部分的調整ではなく、歯列全体の移動が可能なので、セットバック手術に比べて、断然自然な美しさや、希望通りのフェイスラインを形成することが可能です。

セットバック手術に代わる手術で最もベストな手術が、ルフォーⅠ型骨切りや、下顎枝矢状分割術であるのを知っておくと、良いかと思われます。

でも残念ながら、これらのルフォーⅠ型骨切り、下顎枝矢状分割術といった整形手術ができる美容整形外科は、限られているのが現状です。

形成外科、美容整形外科の専門医でも、その中の極一部の医師しか施術できません。

ゆえに、大抵の形成外科&美容整形外科の医師は、プロテーゼの埋め込みでごまかしたり、セットバック手術での処置を選択するのです。

△上記文章はユーザー個々の投稿です