下顎前突手術 失敗 不安

現在、私は下顎前突手術をする前に、術前矯正をしています。

長年、受け口(下顎前突)がコンプレックスでしたが、下顎前突手術の健康保険診療が適応されたのを機に、下顎前突手術をすることに決めました。

その下顎前突手術ですが、誠実な医師(カウンセリングの際にそのように見えました)のいる矯正専門病院にしました。

でも、それでも下顎前突手術に対し、不安で仕方がありません。

いびつな顎になったらどうしよう、下顎前突手術が失敗したらどうしようと、幾度も不安に押し潰されそうになる時があります。

私は、顎関節症も患っていますが、最も気にかかることは、下顎前突手術が失敗して、酷い顔貌になってしまうことです。

■下顎前突手術に対し、不安になる理由

  • 下顎前突手術の症例写真を大学附属病院でも矯正歯科でも、見ることができないから。
  • 1枚だけ見せてもらった症例写真が、劇的変化があるような顔貌に思えなかったから。
  • インターネットにおける病院や症例についての口コミや評判が少ないため、比較検討がしにくいから。

■下顎前突手術に対し、安心できる要因

  • 担当医、執刀医共、認定医や指導医、専門医、等の資格を持っていること。
  • 顎変形症の年間症例数が多く、多めの経験数があること。
  • 上下顎手術の治療数も多いこと。

下顎前突手術に対し、安心できるとは思いますが、超が付くくらいの心配性な性分なので、常に不安がつきまといます。

でも下顎前突手術をすると決めた以上、頑張ります!

△上記文章はユーザー個々の投稿です