顎変形症手術+エラ削り’

顎変形症手術を体験した人の声を紹介します。

「私は、顎変形症手術をしてからの3、4日は、マジできつかったなあ。普段寝る時は口呼吸だったから、口を固定されたことで、口呼吸ができなくなり、全く寝付けなくなったことが最もつらかった。あと、飲み物も顎変形症手術をしてから3日目までは、全く飲むことができなかったし、鼻からの吸引はきついし、涎は止まらないわで、顎が元に戻ってもいいから、もう顎間固定を外してくれ、と思った。1週間も経てば、あれこれ慣れてくるから、飲み物も普通に飲むことができるようになり、その後は顎間固定が外れるまで食欲との戦いだったね」

「人生で失う物などないし、顎変形症手術がダメだったら、死ねばいいや、って気持ちで顎変形症手術に挑んだ。幸い、顎変形症手術は成功したが、自分のこれまで生きてきた人格まで否定されたようで鬱になることも。でも今では、執刀医の先生や看護スタッフの方々には感謝してる」

「私の場合は、顎変形症手術をしてからの約半日間だけ、胃に流れ込んだ血液で気分が悪かった以外は、顎間固定も全然つらくなかったし、水もすぐに飲むことができたよ」

「顎変形症手術をしても、実際の鼻の高さや、目の大きさは変わらなかったよ。ただ前突してた顎が奥に引っ込んだ分だけ、相対的に鼻が前突して目立つような気がしたり、顎が短くなり、顔の面積が狭くなった分、顔に占める目の面積の割合が大きくなったかな」

「私の場合だけど、顎変形症手術で全身麻酔をかける時は、30秒程度窒息するような苦しみがあった。全身麻酔をかけた後は、特に何ともない。顎変形症手術の痛みもない」

「麻酔のテクニックは、担当の先生により、腕前の差があるからな。俺が最後に顎変形症手術をした時は、1分以上呼吸ができなくて、死ぬかと思った。それを乗り越えると、次の瞬間には、顎変形症手術が終わってたけどな」

「施術例に載っている顎変形症手術後の写真は、上手くいった施術例ばかりだけど、審美的効果はあくまで副次的なものだし、むしろ顎変形症手術をしたことで不細工な仕上がりになっちゃった人もたくさんいるよ」

「美容的な仕上がりばかりを重視したり、期待したりして、顎変形症手術をしようとするのは、はっきり言って筋違い」

「下顎前突の悪影響により、顎関節に痛みがあったので、約2年半程、術前矯正をして、約3年半前に顎変形症手術をした。下顎骨手術だけの予定だったが、顎骨の移動距離の関係で上下両顎とも手術をした。術前検査で奥歯一箇所だけが噛み合わされていたたけど、今では、顎の痛みに気を取られることもなく、しっかりと食事で噛めるから、飯が美味い!」

「顎変形症手術そのもので腫れた顔よりも、顎変形症手術の後に腫れた顔の方がビックリ!夜中に鎮痛薬が切れ、激痛でもがいたこともあった。尿道カテーテルを新人看護師に外された時が、恥ずかしかった」

「顎変形症手術をしたことで、噛めるありがたさがわかったことが人生を変えたかな。他人目線での私の顎のイメージは、ちょっと輪郭が変わったのかな、程度かも。意外と周囲の友人・知人達は、私の顎まで気にしてなかったりするから。自分自身としては、顔のバランスが改善されて、スッキリした感じ」

「顎変形症手術の後は、顔がパンパンになったけど、顎変形症手術も矯正もやって良かったと思っている。凄い口腔外科の先生が担当医だったから、顎変形症手術については、比較的楽だったのもあるけど、綺麗な口元になっただけで、上品な顔になったような気がする。まぁ、矯正の最中は、100回くらい矯正治療をやめたいって思ったけどね」

###

20代女性
すばらしい先生に出会うことができて人生が変わりました。
角張ったエラがコンプレックスだった私。
しかも、ちょっとやそっとのエラ張りじゃなくって、アダ名がホームベースになるほどの張りようでした。
当然、男性からモテることもありませんし、27年間でできた彼氏はたったの1人でした。
このままではダメだと思ったので、転職を機にエラ削りをすることにしました。
はじめは顎削りもするつもりでしたが、先生のカウンセリングで顎削りをしなくてもエラ削りのみで十分な効果が得られると思うとアドバイスしてくれたのです。
信頼できそうな先生だったので、アドバイスどおりエラ削りの施術を受けました。
計画していたよりも安い値段ですみましたし、結果にとても満足しています。

20代女性
先日、都内の美容外科でエラ削りの手術を受けました。
先生がとても優しくて、安心して施術を受けれました。
コンプレックスのエラをどうにかして解消したくて、エラ削りを受けようと決めました。お金がかかるし、顔を削るなんて・・・と不安でいっぱいで、施術を受けるのを辞めようかとも思っていたのですが、先生がすごく優しくて、エラ削りの方法をじっくり納得のいくまで説明をしてくれました。
そこで、怖がりの私もやっと手術をうける決心がつきました。
先生のおかげで小顔を手に入れることができて本当に嬉しいです。
この美容外科を選んで本当によかったです。

###

顎変形症手術は、全身麻酔下で行われるリスキーな大手術です。

顎変形症手術の最中は、担当医と看護スタッフに任せてしまうので、全幅の信頼を寄せることがまず必要です。

そのためには、患者自身が、顎変形症手術について、どのような手術なのか、どのような制約があるのか、どんな問題が起こり得るのかを把握及び認識しないことには、決して顎変形症手術での良い結果は生まれない可能性があります。

顎変形症手術は、他の疾病や怪我に対しての手術と同じで、まず機能の回復、異常や障害を改善するための手術ですから、決して「保険が利く美容整形」ではないと深く認識しておきましょう。

また、顎変形症手術は高難易度の手術なので、不測外の事故や、不具合の起こる危険性が常にあることもしっかり頭に入れて置きましょう。

それというのも、我が国における全身麻酔を原因とする医療死亡事故は、0.06%の確率で起こっているからです。

実際に過去に日本でも、顎変形症手術~この場合は顎骨切りですが~により、生命を落とされた方が、数人いるというデータがあります。

顎変形症手術でいうと、元々健康な人が、全身麻酔をして顎変形症手術をするので、健康な状態から死に至るなんてことは考えつきにくく、「手術が成功するのは当たり前」、「何かしらトラブルが起これば、それは医療ミスだ!」、「こんなの聞いてない、失敗だ!」等と思う人もいることでしょう。

しかし、顎変形症手術で行う骨切りは、かなりの高度な医療技術を必要とするアーティスティックな手術です。

いくら医学が進歩しようとも、口腔外科医が日々研鑽しようとも、常に100%の満足がいく結果を必ず手中にできる程、顎変形症手術は甘くないのです。

不測事態が起こる可能性のある顎変形症手術では、予想量を超えた出血が起こることもあり、その場合はご家族の承諾を得てから、輸血をすることになります。

他には、顎骨の切れ具合や顎骨の性状、顎骨の軟組織の抵抗・拒絶反応等により、予定外のチタン製固定プレートを使う場合もありますし、想定外に網羅された神経・血管により、顎変形症手術を中断せざるを得ない場合、等々で再手術が必要になることもあります。

最後に、顎変形症手術の執刀医は、どこに骨があり、どこに神経が通っていると知識上熟知していても、口腔からの手探りで行う大手術のため、どんなに注意深く手術しても、神経に障ってしまい、麻痺や痺れが残る可能性が、かなりの高い確率で起こります。

1年も経てば、顎変形症手術をした半数の人は、麻痺が消えますが、残りの半数の人は、ほぼ半永久的に何かしらの麻痺がそのまま残りますので、あらかじめその認識と覚悟を持っておきましょう

△上記文章はユーザーの投稿です