顎変形症手術で起こりうる失敗と後遺症について

顎変形症手術は、全身麻酔下で行われるリスキーな大手術です。

顎変形症手術の最中は、担当医と看護スタッフに任せてしまうので、全幅の信頼を寄せることがまず必要です。

そのためには、患者自身が、顎変形症手術について、どのような手術なのか、どのような制約があるのか、どんな問題が起こり得るのかを把握及び認識しないことには、決して顎変形症手術での良い結果は生まれない可能性があります。

顎変形症手術は、他の疾病や怪我に対しての手術と同じで、まず機能の回復、異常や障害を改善するための手術ですから、決して「保険が利く美容整形」ではないと深く認識しておきましょう。

また、顎変形症手術は高難易度の手術なので、不測外の事故や、不具合の起こる危険性が常にあることもしっかり頭に入れて置きましょう。

それというのも、我が国における全身麻酔を原因とする医療死亡事故は、0.06%の確率で起こっているからです。

実際に過去に日本でも、顎変形症手術~この場合は顎骨切りですが~により、生命を落とされた方が、数人いるというデータがあります。

顎変形症手術でいうと、元々健康な人が、全身麻酔をして顎変形症手術をするので、健康な状態から死に至るなんてことは考えつきにくく、「手術が成功するのは当たり前」、「何かしらトラブルが起これば、それは医療ミスだ!」、「こんなの聞いてない、失敗だ!」等と思う人もいることでしょう。

しかし、顎変形症手術で行う骨切りは、かなりの高度な医療技術を必要とするアーティスティックな手術です。

いくら医学が進歩しようとも、口腔外科医が日々研鑽しようとも、常に100%の満足がいく結果を必ず手中にできる程、顎変形症手術は甘くないのです。

不測事態が起こる可能性のある顎変形症手術では、予想量を超えた出血が起こることもあり、その場合はご家族の承諾を得てから、輸血をすることになります。

他には、顎骨の切れ具合や顎骨の性状、顎骨の軟組織の抵抗・拒絶反応等により、予定外のチタン製固定プレートを使う場合もありますし、想定外に網羅された神経・血管により、顎変形症手術を中断せざるを得ない場合、等々で再手術が必要になることもあります。

最後に、顎変形症手術の執刀医は、どこに骨があり、どこに神経が通っていると知識上熟知していても、口腔からの手探りで行う大手術のため、どんなに注意深く手術しても、神経に障ってしまい、麻痺や痺れが残る可能性が、かなりの高い確率で起こります。

1年も経てば、顎変形症手術をした半数の人は、麻痺が消えますが、残りの半数の人は、ほぼ半永久的に何かしらの麻痺がそのまま残りますので、あらかじめその認識と覚悟を持っておきましょう。

△上記文章はユーザーの投稿です