顎の骨削り手術 麻痺や痺れ 経験者のブログ

質問:
顎の骨削りを考えています。

美容外科と口腔外科、どっちが上手にやってくれるでしょうか??
いい病院があったら教えてください。
顎の骨削りは大きな手術だし、骨を削るから麻痺とか顔の痺れとかいろいろ心配です。
手術のあと、唇に感覚がなくなってよだれが垂れても分からないとか、ご飯粒がついていても気付かないとか経験者の人のブログで読み不安になっています。
美容外科だと失敗とか被害とかあるかもしれませんが、大学病院の口腔外科でも同じようなことがあるのでしょうか?美容外科と口腔外科の医師は腕にどのような違いがあるのでしょうか?口腔外科医の方が顎の骨削りにはなれていそうだけど、美的センスがない気がするのでただ顎がひっこむだけな気がします。
美容外科医は美的センスには長けていそうだけど、医師免許持っているだけでどこの病院にも就職できないような腕が悪い医師もいるとききます。
どちらにいったらいいのか、アドバイスお願いします。

回答:
東京の口腔外科で顎の骨削り手術を受けた者です。
美容外科の手術というのは、審美面のみに重きをおいて調整するので、外見が整ったかにみえても、健康面で損なう人が多くいます。
身体的に不自由になっては外見が綺麗になっても意味がないように思います。

顎の骨削りは、いろいろな検査を山ほどしたうえに何ミリ動かすなど細かく測り、あくまで正常な位置に戻すという考えの元、行われます。
顎の骨削り手術というのはそれほど神経をつかうものなのです。
外科医は事前に念入りに検査をして失敗がないようにします。

それが結果成功に結びつくということです。
主治医との相性は多少なりあるかと思いますが、美容整形外科とは違い口腔外科の医師はきちんと研修を積んでいます。口腔外科医の手術であれば、安心してお任せできると思いますよ。

しかし、口腔外科は審美面ばかり追求するところではありません。
審美面のことばかり追究すると口腔外科医はあまりいい顔をしないかもしれませんね。
あくまでも口腔外科の顎骨削り手術は健康のためのもので顔を綺麗に整える手術ではありませんから。

手術に成功して健全にコンプレックスを解消されることを願っています。

△上記文章はユーザー個々の投稿です