すっきりとした細い顎で引き締まったフェイスラインはとても美人と言う印象を受けやすいのですが、顎が大きすぎたり、顎のしゃくれ具合が酷すぎると、三日月のようなフェイスラインになってしまい、残念ながら美人とは程遠い印象になってしまいます。せっかく目鼻立ちが整っていてもフェイスラインのバランスが悪いととても損をしてしまうということです。
世の中にはさまざまな顔の悩みを解消するためのエクササイズが紹介され、フェイスラインを整えることを目的にしたものも少なくありません。顎の周囲はリンパが集中しており、リンパの流れを整えて頬から口元にかけてのラインを綺麗にするというものですが、確かに筋力の低下によって緩んだフェイスラインを引き締めるためにはある程度効果が見込めます。けれどもしゃくれ状態が酷い場合、歯の噛みあわせが不正咬合になっていることも多く、フェイスエクササイズで筋肉を鍛えるだけは残念ですがしゃくれた顎の状態を完全に治すことは困難です。
そして不正咬合が原因の場合には通常は歯列矯正の治療が行われます。歯列矯正はワイヤーとブラケットを使用して弱い力で時間をかけて歯列を動かして整えるというもので噛みあわせを正常に改善する効果はあります。けれども、フェイスラインに影響を与えるような長すぎる顎や重症のしゃくれた顎の場合、噛みあわせの改善だけではフェイスラインの悩みを完全に解消することは難しいと言えます。あごが長すぎる、えらが張って顔が大きく見えるなどの悩みも抱えている場合には美容手術による方法がおすすめです。美容手術は口の中から切開して骨の一部などを切除するという方法で行われ、傷跡も目立たず、何よりも歯列矯正のように何年もの長期間に及ぶような治療が必要ありません。手術では必要に応じて下顎の歯を抜歯し、その部分の骨を切除して下顎を後退させるという方法が行われます。それと同時に顎の形を整えることもでき、理想のフェイスラインが実現できます。

###

きちんと並んでいる歯列の中に一本だけぐにゃりと横を向く歯があると、その歯の影響で噛み合わせ自体がおかしくなるものです。
歯の角度がおかしいわけですから上手くかみ合いません。
すると、人は無意識に何とか噛もうと無理をしてしまうのです。
結果、角度のおかしい歯とかばっている歯の摩耗だけが極端に進み、歯が割れたり神経が露出してしまったりといったトラブルに繋がります。
また、歯の中に変な生え方のものがあるとどうしても咀嚼自体が上手くいきませんので胃の疾患に繋がります。
どういうことかというと、咀嚼が上手くできないと食べ物がきちんと噛み砕かれないまま胃に運ばれてしまうので胃に多大な負担をかけてしまうのです。
これは望ましくありません。
歯の角度は美観という意味だけでなく健康という意味でも矯正の必要があります。
しかし、抜歯してしまうと空きスペースに歯がおかしな形で移動してしまいますので望ましくありません。
この方法は時間もかかりますし鈍痛にも耐えなければなりません。
また、健康的な歯列を手に入れるのに年単位で時間もかかってしまいます。
では、どんな方法が望ましいのでしょうか。
抜歯せずに歯の角度を理想的な形に変える方法はあるのでしょうか。
歯の角度の矯正でしたら美容手術の一つであるセットバック法をお勧めします。
この方法でしたら抜歯の必要もありませんし、歯を抜いた後の鈍痛にも悩まされずに済みます。
セットバック法は顎の骨を僅かに削り顎と歯を中心に歯列を理想的な並びに調整します。
その際に専門医が口周辺だけでなく顔全体のバランスを考え他部位に負担がかからないよう細心の注意を払って施術をいたします。
ですから、歯を矯正したら顔が歪んだということもありませんし、肩や頭、頬の筋肉などに負担がかかるようになったということもありません。
歯列だけを治療するのではなく、歯列の矯正により出るだろう影響も考え調整は顔全般に及びますので安心して施術してもらうことができます。
この方法なら痛くないですし、抜歯せずに健康的な歯列を手に入れることができます。

###

出っ歯というのは人から目立ちやすく、あまり良い印象を与えません。また、意識しないと口を閉められないために呆けているように見えたり、口を閉じてもEラインを超えたところに唇がきて、横顔も悪く見えてしまいます。虫歯や歯周病にもなりやすくなるので、美容面だけでなく健康面でも悪影響を与えます。子供の頃からコンプレックスにしている人も多いのではなでしょうか。治療は年をとると難しくなっていくので、早い段階で治療を始める必要があります。
出っ歯は状態によって大きく2つの治療があります。
1つは矯正で、歯科医院で受けられる特殊な矯正器具を用いた治療法で、たいていはこの治療で治るのですが時間がかかり、重度のものは治療できません。小学生くらいの子供であれば基本的に矯正のみで短期間にキレイに治るのですが大人はそうはいきません。
これに対して2つ目の外科手術による治療は短期間で治療が終了し、どのような出っ歯に対しても治療が行えるのが特徴です。
出っ歯の治療は外科手術でも美容手術の分野に含まれ、主にセットバック法と呼ばれる手法が行われています。
セットバック法とは上下両側の4番目の歯である第一小臼歯を抜いて、その空いたスペースに前突している前歯を歯茎の骨ごと押し下げるものです。手術後に歯科矯正が必要となりますが腫れが目立ちにくく骨格から変えることができるため、口元がキレイに整うのが特徴で基本的に数時間で手術が終了します。病院で顔の骨格から考えて咬合模型などを元に綿密に診断したうえで詳細な治療方針を立ててくれるので安心して治療を受けることができます。
しかし、難しい手術ですのでしっかり調べたうえで信頼できる名医のいる病院で治療を受けることをお勧めします。
自分を変えるには何事にも挑戦が必要です。外科手術だからといって怖がって敬遠したりせず、勇気を持って治療を受けてみてください。
コンプレックスを治して楽しい人生を歩みましょう!

###

受け口や歯並び、歯の突出や顎の不均一、しゃくれなど、骨の影響で出る口許の不具合は多くあります。
歯の一本が変な角度ではえているだけでその影響は多大です。ならば、顎の骨の不均一や全体的な歯並びの悪さがどれだけの影響を与えるかと想像すると、それだけで恐ろしくなります。
歯並びがおかしいと噛み合わせが上手くいきませんし、咀嚼もきちんとできません。咀嚼が上手くいかないと食べ物が大きいまま胃に運ばれてしまうのでその負担により胃の疾患を引き起こすこともあります。また、無意識に噛み合わせよう、噛もうとしてしまうことにより頭や肩、頬などの他部位に負担がかかり痛みやこりに繋がることもあります。その他、噛み合わせがおかしい部分が急激に摩耗したり、反対に噛み合わせのおかしい歯の周囲だけが摩耗の結果割れてしまったりといったこともあります。
これは歯並びの問題だけでなく、受け口や歯の突出にも言えることです。
顎の骨の不均一やしゃくれにも同じことが言えます。
他にも口が閉じないことにより話している途中によだれが零れてしまうこともありますし、発音や発声に問題が波及してしまうケースも見受けられます。
また、問題が問題呼ぶ形で顔の他部位が歪んでしまうこともあるのです。
これは非常に恐ろしいことです。
問題をそのままにしておいてはいけません。
きちんと治療することが重要です。
美容手術の一つにセットバック法という施術方があります。
この方法は顎の骨を削ることにより顎の不均一や噛み合わせ、歯並び、受け口、歯の突出などの口や顎全般の問題を矯正する方法です。
削るといっても僅かですし、痛みはありません。また、入院の必要もありません。まったく構える必要のない治療法です。
この方法を用いればトラブルをきちんと解決することができます。
また、口許を健康的かつ美しい形に調節する過程で専門医が顔の他部位も調節し一部に施術したことにより他部位に負担を強いないように細心の注意を払いますので将来的な問題にも対処可能な良い方法です

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←顎の関連ワード